1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

エロスすら感じる和の空間。古民家ゲストハウスに泊りたい

最近増えてきた「古民家再生」のゲストハウス。あまり遠出をせず東京から日帰りもできるところにも、ステキなゲストハウスがありました

更新日: 2014年07月31日

neko.comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2986 お気に入り 365415 view
お気に入り追加

鎌倉駅すぐそばの「Villa Sacra」

Villa Sacra(ヴィラ・サクラ)は、鎌倉駅西口から3分ほどのところにつくられたゲストハウス

築80年の古民家を再生した日本ではまだ珍しいアーティストホテルで、さまざまなジャンルのアーティストが壁を彩ったお部屋が全6室

このお部屋は、消しゴムはんこ作家・津久井智子さんの監修

漆喰に、ひとつひとつ丁寧に鶴の消しゴムはんこを押していく

いわゆる侘び寂びの世界ではなく、外国から見た和のイメージ、艶と彩りのある和、なおかつ懐かしい昭和の薫りも満載の楽しい宿になっている

日本画家・石田紫織さんの担当。
そこはかとなくエロスを感じる…。

これはワクワクする!

海外の方がイメージする「ニッポン」を描き出しているが、「ニッポン」的なシンボルは過剰すぎず、むしろセンスがよく心地いい

現代美術家・滝沢達史さんが担当された「月の間」

部屋中に書家・松田響野の書を張りつめて、その上に藍色で雲を描いた現代美術

食事券を発行する形式のB&B、テレビもPCもない。だけどゲストハウスならではの談話室では種類豊富な紅茶とコーヒーが楽しめる

飛び石みたいに、取ってつけたような和風ではなく、むせ返るようにレトロな「勝手口横の通路」感

鎌倉の港町、材木座にある「亀時間」

亀時間は、宮大工によって建てられた築85年の歴史を持つ古民家を改築して建てられた

トイレ、お風呂、洗面所は共有の、2つの個室と、1つのドミトリー。合計3部屋だけの小さなゲストハウス

ドミトリーの、押入れベットにテンション上がる

涼しい風が吹き抜ける廊下

フロントのオープン時間は朝8時から夜9時まで。門限は夜11時。「亀時間」があなたの大切な時間を取り戻す場所になってほしい

ゆったりとした時間が流れる

湘南海岸そば、「湘南ゲストハウス耳日(ミミニチ)」

2012年夏に、海のすぐ近くの築40年の古民家を利用して、夫婦ではじめた小さな小さな素泊まり宿

いままで、たくさんの宿に泊まってきている夫婦が、自分が行きたくなるような宿にしたいと思って作っている

本当にお布団だけの素泊まりスタイルです

上映会など、新しい試みも

都内にもあります、「ゲストハウスtoco.」

1 2





neko.comさん

可愛いものと美味しいものが大好きです♪



  • 話題の動画をまとめよう