1. まとめトップ
  2. カラダ

石けんでシャンプーしちゃうのはNGらしい

よく、体を洗うついでに頭まで洗っちゃう方がいますが、実は石けんで頭を洗うという行為はNGだということが分かっています。その理由についてまとめます。

更新日: 2014年07月31日

PINKMOMOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
95 お気に入り 280414 view
お気に入り追加

▼石けんで頭のてっぺんから足の先まで洗う人は多い

男性に多いようです。

石けんで洗うと言うと、石けん???!と言われますが、気にしません。何が入っているのか分からないシャンプーよりマシ。

ゆか☆ゆかも、石鹸でシャンプ~しています。(普通の固形石鹸)やはり、合成のシャンプ~や、洗顔料は体に良くないそうなので・・・・・。

私は無添加の固形石鹸で全身(髪・頭・顔・体)を洗ってます。そのことを彼氏に言ったら、引かれました。

3カ月ぐらい牛乳石鹸で頭洗ってるけど何の問題もない(と思う)

▼しかし、実際にはNGらしい

ケースにもよりますが、基本的にはNGのようです。

洗髪には、シャンプーのご使用をお勧め致します。石けんは適応外です

石鹸製造会社のコメントです。

▼なぜNGなのか

頭皮にも、特に髪には相性最悪です。石鹸はアルカリ性なので、髪のキューティクルが強制的に開いてしまい、ダメージに直結します

さらに、他の洗浄剤より洗浄に多くの分量を要する上、石鹸カスが髪に付着してゴワゴワの手触りになる

最大のデメリットは、石鹸で洗髪すると、毛髪の表面に石鹸カス(金属石鹸)が残るため、すすぎ時に強くきしみ、毛髪を傷める

感触や光沢を損ない、くしの通りも悪くなるということです。

固形石鹸の場合は必要以上に油脂を落としてしまうので、皮膚が乾燥しやすくなります。

頭皮のためにもよくないようです。

▼しかし、しっかりケアすれば大丈夫という声も

石けんの弱アルカリ性に傾いているので、弱酸性のリンスで軽くすすぐと、きしみは大きく改善され、髪はしっとりした状態に仕上がります。

すすぎは、石けんでも一般的なシャンプーでも、きっちり頭皮をすすぐことが大事

石けんカスをしっかり洗い流します。

石鹸で髪の毛を洗いますと,確かにきしみます。これをそのままにしてしまいますと,キューティクルの破損に繋がるのも確かです。で,これを防ぐために,酸性リンスをする

水500mlに対してクエン酸の粉末60g程度を混ぜ合わせることで作ることができます。

夫は固形石鹸のみで、シャンプーは使いません。コンディショナーも使いません。ただし、風呂上りに必ずヘアークリームをつけています。

50代で白髪もなく頭髪がフサフサしているということです。

髪がちぎれてしまったことがあったので、それ以来毎回のすすぎはかなり念入りに洗うようにしている

洗い方は念入りに、そして優しく髪の毛が切れないように心がけます。

▼石鹸で髪を洗う手順

手順を守ればトラブルが減ります。

髪を濡らす前にブラッシングしておく。洗う前にブラッシングして、髪のもつれをほぐしておきましょう。ブラッシングで髪や地肌の汚れが浮き上がり、ホコリもとれます。

石けんで洗う前、お湯で洗っておく。ホコリなどの汚れは、お湯洗いだけでも落ちます。また、良く濡らしておかないと、髪に石けんがなじみません。

たっぷりの石鹸シャンプーで、生え際から頭のてっぺんに向かって泡を「モコモコ」立てながら洗う。

1 2





PINKMOMOさん

色々なことに興味があります。自分が興味を持ったことをその日の気分でまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう