1. まとめトップ
  2. カラダ

男の顔脂対策には「これが使える」

評判と実体験から、あまりお金や手間をかけない洗顔メインで、「これはマジで効いた」ってものだけを紹介します。

更新日: 2014年12月17日

えび天国さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
780 お気に入り 405231 view
お気に入り追加

テカテカのギラギラになる顔の脂

皮脂分泌は男性ホルモンの働きによるもので、どうしても男の顔には脂が多くなる。この状態は、「脂性肌」「オイリースキン」という

状態の名称は「脂性肌」とか「オイリースキン」

ある程度の皮脂は肌を保護するために必要な大切な成分だが、過剰な皮脂は肌トラブルの元。

脂対策にはやっぱり洗顔

脂性肌のケアのポイントは、「皮脂を落としすぎない」、「洗顔は優しく」、「保湿は十分に」の3点。

皮脂対策スキンケアの第一歩は顔の余分な脂を落とすことですが、石鹸は肌表面の汚れを落とすことはできても、毛穴に入りこんだ汚れまではなかなか落とせない。

しかし男性用の化粧品は刺激が強いものが多く、「石けんを自作して使っている」「本当は女性用のスキンケア化粧品が使いたい」という声もある

女性用の「メイク落とし」が男にも効く!

あの厚化粧が落ちるんだから顔の脂ごとき一発だ

女性のメイクは分類すれば「油汚れ」。クレンジング(メイク落とし)には顔の油を落とす力がある。

さまざまな種類が出ているが、最も洗浄力が高いのは「オイルタイプ」と「ふきとり」のもので、「オイル」の方が刺激が少ない

そもそも「ふきとり」のものはヒゲにひっかかって使い物にならない。必ず「オイルタイプ」を選ぶ。

皮脂や、付着した排気ガスなどの油分を落とすために、すっぴんでもメイク落としは使ったほうがいい。その際には肌への摩擦が少ないオイルタイプが便利。

そしてメイク落としには、「脂肪酸」タイプと、「合成界面活性剤」タイプの2種類がある。石鹸成分で分解できるのは「脂肪酸」タイプのもの。

次で関わってくるので、ここは絶対に「脂肪酸」タイプを選んでおく。

女性の評判もいい「ハイピッチディープクレンジングW」
洗い流すオイルタイプでオレイン酸系なのでこれ使ってます。

・風呂で使える
・ポンプ式なので押せば必要な量がわかる
・石けんで流せる
・ほとんどのドラッグストアに売ってる
・定価1000円近いけど、大抵400円台くらいで買える
・その割には内容量が多くてコスパがいい

と、男でも入手や取扱いが簡単。匂いもオレンジの香りで、女物の化粧品独特の気持ちの悪い臭さは無い。

メイク落としは、体臭にも効く!

最近、枕からおっさんの臭いニオイがしてきて、「ああ、枕も年取るんだなー…」って(棒)

体臭の主な原因は2つ。脂が酸化する匂いと、皮膚で繁殖した細菌が作り出す匂いだが、そもそも細菌も顔の脂をエサにして増殖している。

特に体臭が強くなりがちな「要注意パーツ」は、頭皮・耳の後ろ・首・脇・背中中央・胸・へそ周り・陰部の8か所

全身じゃねぇかwww

メイク落とし用のクレンジングをたっぷり手に取り、毛が生えている部分は毛根にオイルをつける。軽くマッサージした後、ぬるま湯ですすぎ流して、普段通り髪や身体を洗えば体臭が軽減される

この「風呂場で体に使う」ために、ぬれた手でOKタイプで、石けんで分解される「脂肪酸」系のメイク落としを選ぶべき

ただし毎日やると逆効果。肌も荒れる。なによりコストがばかにならない。週に一度など「スペシャルケア」だと決めてから実行する

耳の後ろと首だけならそんなにオイルいらないので、夏は2~3日に一度やったほうが、さらさらして気持ちいいです

自転車のメンテで汚れた手は、女性がよく使う「メイク落とし」で綺麗に落ちます。 逆を言えば、「化粧落ちなーい」とか言ってる人は、自転車のチェーンについている油よりもヤバイ物を顔に塗っているわけですね。 pic.twitter.com/Fo69u8CBm7

これほどまでに洗浄力が強い、強力な成分なのです。

重曹も実は効く!

普段使っている洗顔料に重曹を少し入れてから顔を洗うと、肌のザラザラがなくなり、毛穴の黒ずみも消えてさっぱりした洗い心地になる

面倒くさければ、洗面器のお湯に重曹を少し溶かしたもので、手で優しくなでつけるように洗顔する。

出典mery.jp

泡に重曹を混ぜる方法は、ぬれた手で重曹を扱うのが死ぬほど面倒くさく絶対に続かないので、こっちおすすめ。
普通に洗った後に重曹水でぱちゃぱちゃしてから、最後にもう一度ぬるま湯で流す。

1 2





えび天国さん

今年もまた好きなこと、調べたことをマイペースにまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう