1. まとめトップ
  2. ガールズ

湯船につかるだけで夏場のテカリやベタつきが解消できちゃう

夏だとお風呂も、シャワーで済ませてしまいがちだけど、冷房に長時間あたったり、冷たい飲み物を摂取したりと、意外とカラダは冷えているんです。夏だからこそ、しっかり湯船につかって身体を温めたほうが健康にも美容にも良いみたい☆

更新日: 2014年08月05日

みぃこさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
371 お気に入り 94357 view
お気に入り追加

夏ってシャワーだけで済ませちゃいがちだよね

夏の暑い時期は湯船に入るのも避けがちになるが、夏は意外と体が冷えてしまう時期でもある

夏こそ冷房のきいた電車や会社内にいることで体の中がすごく冷えているので、冷え性の原因になってしまうことも

毎日、入浴することによって、顔のテカリはもちろん、全身の毛穴やべたつき対策にもなる

湯船につかるなら、全身浴と半身浴ってどっちがいい?

首までつかる「全身浴」とカラダへの負担が少ない「半身浴」。それぞれ心肺機能と体内の血流に及ぼす影響が違う

カラダを活動させる時に働く交感神経を活発にし、カラダもシャキッとする興奮状態に。新陳代謝を促す効果もあり、朝の目覚めにはもってこい!

肩こりの原因である、首回りの筋肉をほぐすことができる

心臓への負担が少ないため、全身浴に比べ長い時間の入浴に向き、カラダの芯から温まることができる

カラダに対して鎮静的に働く副交感神経を活発にするので、カラダのリラックスにもぴったり

しかし、正しい半身浴をしないと、消費カロリーも効果的に消費できない上にかえって身体を冷やしてしまっているという場合さえある

間違ったやり方をしてない?正しい半身浴

温度が低すぎると体が冷えてしまいますし、高すぎると、のぼせてしまって長い時間入っていることができなくなる

夏場なら37℃~39℃程度。冬場であれば40℃程度まで上げても大丈夫

また、腕を湯船につけてダメ!半上半身が濡れることによって、水分が蒸発するときに熱を奪い、体を冷やす結果に

腕を入れちゃいけないっていうのは知らなかった…(´・ω・`)

気化熱を減らすためにも、腰から上はフタをしてスチームの中で温めるのがオススメ

バスタイムをもっとより良くするために

長めにお風呂に入っているときもいい香りに包まれていたい…そんなときは、アロマバスを楽しむのもいい

ペパーミントやローズマリーなどのさっぱりスッキリ系。特にローズマリーには、肌の引き締め効果があり、べたつき・テカリ・ニキビなどの予防も期待できる

炭酸ガスの入浴剤をいれる、冷えや凝りを改善してくれる効果が期待でき、疲労の回復にも効果抜群!

1





みぃこさん



  • 話題の動画をまとめよう