1. まとめトップ
  2. レシピ

大人数でバーベキューなら試してみたい!テンションあがるレシピ集!

大勢でのバーベキューは、乾杯の時だけ皆が一つになるのですが、その後は『各自、ご自由に!』って感じになりますよね。今回はそんな悲しいBBQにサヨナラを告げるべく、最後まで皆が一つになれるバーベキューレシピをまとめてみました!

更新日: 2014年08月05日

toolloveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
543 お気に入り 204223 view
お気に入り追加

ちょっと残酷!?でも美味い!周囲の注目を独占するバーベキューならではの”丸焼きレシピ”で記憶に残るバーベキューにしてみては?

■材料■
とり肉 1羽
スパイス 大さじ1~2
塩 小さじ2
ビール 1缶(350ccのもの)
★作り方・レシピ★
http://cookpad.com/recipe/1854467

目の前にでーんと置かれると、子どもじゃなくても一瞬ひるんでしまうほどの迫力なのに、どことなく間抜けで笑いを誘うその姿。これぞ、野外料理の王様!バーベキューの本場アメリカで生まれたビア缶チキン。表面はパリパリなのに、ビールの水分で蒸し焼き状態になったお肉はやわらかくてジューシー。

まわりのひとが びっくりするくらい、インパクトあるメニューになりました。大自然の中で作った チキンの丸焼きは、うまい!!

更に詳しく知りたい人はコチラの動画をチェック!

更に注目を浴びたいのなら!?バーベキュー好きの憧れの逸品”豚の丸焼き”をお試しあれ!

■材料 (10人分)■
豚(内蔵を抜いた物)一匹
塩 適量
胡椒 適量
ハーブ(肉の臭みを消す物)適量
★作り方・レシピ★
http://cookpad.com/recipe/1190015

とにかくめっちゃうまい! どこ食ってもうまい。これは手間をかけた甲斐があった。またもう一回やりたい、と思うくらいうまい。

参加した皆さんは口を揃えて「いい体験をさせてもらった」「普段はPorkを食べているが、PigからPorkになる過程をナマで見ることができて、そうか、肉を食べるということは本来こういうことなんだ、感謝の気持ちで肉を食べなきゃいけないと思った」などなど絶賛していました。また、周囲からも大注目!「写真を撮らせてください」という通りすがりの人は数知れず。近くでサッカーの練習をしていた小学生たちも何人も取り囲んで見ていました。

「焼きたてはやっぱり皮が一番おいしい」とのことで、皮のパリパリ感や香ばしい匂いを堪能できるのは焼きたてのみ。ということで、機会があれば、ぜひまずは皮を一番に味わってみることをオススメします。

豚一頭ってそんなに簡単に手に入らないのでは?という心配はご無用!通販で買えちゃう子豚は”中抜き・体毛処理済”なので非常に便利

内容量 約5Kg
中抜き・体毛処理済
価格:28800円
販売:ザ・ミートガイ・ストアー
http://www.themeatguy.jp/app/ja/products/view/380#content-top

海外ではお祭りや特別な日によく食べられる食材 ですが、日本では中々手に入らないかと思います。パーティーやバーベキューでこれを作ればうける事間違いなし。解凍後、刷毛で油や醤油を塗ってじっくり炭 火焼にしてみてはいかがでしょうか。中まで火が通るまで目が離せない点は大変ですが、みんなで焼けば、又それも楽しみの内。

丸焼きを作る専門道具”丸焼きくん”があれば、肉の丸焼きも作れる他、ケバブでお馴染みの肉の塊『ドネルケバブ』だって作れる!

◆丸焼きくん
価格:49350円
◆丸焼きくん Jr
価格:33600円
メーカー:カネタ鉄工株式会社
http://www.kaneta-tekkou.co.jp/maruyakikun/maru.html

今までの日本のアウトドアシーンには無かった、大きな肉の塊を豪快に焼いては、ガンガン切り分けて食べる、全く新しいスタイルのバーベキューです。コンロサイズは幅82cm×奥行50cmとひとまわり大きいのも特徴です。その大きさにもこだわりがあり、20名ほどの人数にも対応できる大きさ。安全に配慮した太い串に取付けられた特許取得済みの星型ストッパーが5つの支点で回転を固定。大きな塊を思いのままに豪快に焼く様は迫力満点でパーティーを大いに盛り上げてくれること間違いなし!

安くて美味い!マグロの豪快かぶと焼き!

お味は抜群!目の周りのトローっとした所や頬のお肉…もう食べる所がありませんと言うくらい、きれいに皆で食べきった。大勢でやるバーベキューにはもってこいのメニューだ。

アルミ箔を使うと生焼けを防ぐ事が出来る!

アルミ箔で覆った半割にしたマグロの頭は、目玉の側から焼き始める。1時間たったら次は頭を立ててさらに1時間焼く。最後に内側を1時間焼いて完成。その間水分と脂が出てくるのでたまにホイルの端から排出させるのがコツで旨味がさらに凝縮される。これをしないと煮たような仕上がりになってしまうのだ。焼き上がりまで3時間もかかるスローフードなメニューなので、時間配分をきちんとしてみんながお腹を空かせているタイミングに提供できるよう逆算して作ってくださいね。

昨日のBBQ大会のお話です。中央卸市場ででっかいマグロの頭を買うてきた調達係の幼なじみがいてまして、ドラム缶で兜焼きにしてました。マグロのカマもで~~んっと。それらをみなでつっつくという・・・野趣あふれてうまかったです。

秋刀魚を参加者全員分、一気に焼くってのも面白い!【注:秋刀魚祭り!?と勘違いされ、並ばれてしまう可能性がありますので、充分にお気を付けください(笑)】

秋刀魚を炭火(七輪やバーベキュー)で初めて頂きました!焼き加減は確かに難しいですが、少々焦げたのに今までで一番美味しかったです!こおばしくて~♪

バーベキューって肉もいいけど魚を焼いて食べるのがおいしいんだよなあ。サンマとかサンマとかサンマとか。こう、脂がどんどん落ちて火がぱちぱちなるのを見ながら焼けるのを待つのがたまらない。もちろん味は文句なしにうまい。あああ食べたくなってきた……いかん、よだれが……

さてさて、バーベキューにて秋刀魚焼いてますo(^▽^)o最高にうまそう。 pic.twitter.com/uGkk05jzKu

1 2





ブログ『愛すべき道具達』を運営しているtoolloveです。記事作成後、すぐにツイートしますので、フォローして頂ければ嬉しいです。https://twitter.com/thelovedtools

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう