1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ちょっと気になる早期・幼児教育…モンテッソーリ教育ってどんなもの?

「モンテッソーリ教育」という教育法があります。この教育を受けて育った子ども達の中から、現代を代表する著名人が生まれてきているため、今注目されている教育方法です。

更新日: 2014年09月23日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
467 お気に入り 89752 view
お気に入り追加

▼ ちょっと気になる 「 モンテッソーリ教育 」 ※どんな教育?

気になっているのが「モンテッソーリ」の教えを主流とした幼稚園

モンテッソーリ教育という教育法に興味があり、実際に子どもを園に通わせてる方などに内容を聞いたんですがあまり要領を得なかった

▼ 子どもの 「 自立的な成長 」 を発達段階に応じ支援する教育…

子どもの 「 自立的な成長 」 を支援することが、この教育の目的

子どもの自立を助けながら、彼らが持つ可能性を伸ばす教育です

お偉いさんは、一般的な意味とはちょっと違う、真の「エリート教育」と呼んでいました。その意味は目の前にいる一人一人の内面に目を向けながら、一人一人に合った教育を提供するといった意味のよう

子どもの 「 発達段階・時期 」 に見合った支援を行なう教育方法・・

「モンテッソーリ教育」の目的は、それぞれの発達段階にある子どもを援助し、「 自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯まなびつづける姿勢を持った人間に育てる 」ことです

モンテッソーリ教育の目的は、子どもの発達に合わせて、子どもの「自立的な成長」を支援することです。モンテッソーリ教育の基本的な教育方法は、子どもの発達段階・時期に見合った支援を行なうこと

▼ 一律の集団行動ではなく、子どもが自由に「個別活動」を行う…

子どもが一番興味を持つ活動を、自分で選んで活動していきます

いつでも自分が一番興味を持っている活動を、自分のペースで満足いくまで繰り返すことができます。成長していくのは子ども自身です

アイロンがけなど日常生活の様々な練習を通し、自分の生活を依存から自立へと成長させ、さらには、精神的にも自立する心を育てます

モンテッソーリ教育では、子どものその時期の興味に則って好きなだけそれに取り組ませることで、直接目的と間接目的の達成を目指します。ですので、子ども達は同時にそれぞれに違う活動をしています

▼ 2歳 から 3歳までの子どもは、「 身体発達と運動の敏感期 」

大人の行為を真似ようとすることによって、成長していきます・

この時期に見合った教育となるのは、したがって「 運動の教育 」

子どもはこの教育によって、自分の意志で身体を動かすことができるようになり、その結果として、自立心や独立心を持つことができる

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう