1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

意外と知らない!”ディレクターズカット”って”ノーカット”とどう違うの?

映画やテレビドラマ、アニメがDVDが発売されたり、テレビで放送されるときにディレクターズカット版と表示されていることがありますよね?でもディレクターズカット版って何?ノーカットとはどう違うの?ディレクターズカット版が後から作られる理由や映画監督の仕事や収入を紹介

更新日: 2016年04月05日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
196 お気に入り 217310 view
お気に入り追加

みんな意外と楽しみな”ディレクターズカット版”

売りたいんだったら出し惜しみせずに、「全話、TV放送版とディレクターズカット特別編を収録!」とか、最初からうたってもらいたい(>_<)。 面白いのにもったいないな〜(^_^;) #アオイホノオ

アオイホノオをリアルタイムで初めて見た。今回も面白かった。BD-boxの特典の ディレクターズカットとかメイキング気になるな~。

あの名シーンはカットかーwディレクターズカット版で入らないかなぁ #アオイホノオ

▼ディレクターズカットって何?

映画等の映像作品で、最初の公開時諸般の事情でカットされた未公開シーンや新撮シーンを追加したり、カット割りを変更等の手を加え新たに編集された物を指す。
通常、ディレクターズカットの言葉通り、撮影した監督が再編集した物の事を指すが、稀にそうでない物も存在する。

ディレクターズ・カットは、プロデューサーによって不本意な編集を行なわれた監督が、当初劇場公開されたバージョンとは別に、改めて編集した映画のバージョンを呼ぶ。映画館で再公開されたり、ビデオでリリースされる

▼”ディレクターズカット版”と”ノーカット版””HDリマスター版”の違い

ノ-カット版とディレクターカット版違いですが"ノ-カット版"は言葉通り完全版という意味です。"ディレクターズカット版"というのは作品の監督の考えでカットしたシ-ンを追加したバ-ジョン

HDリマスター(エイチディーリマスター)とは、映画などの映像をHDTV規格に基づいてリマスタリングする映像技術のひとつ。主に高精細映像が求められるブルーレイディスクソフトやハイビジョン放送などのマスター制作で標準的に用いられている方式

デジタルリマスターは、最新のデジタル技術を用いて、映画フィルムに生じた不具合を取り除き、その映画が初上映された当時の美しい映像を蘇らせる技術。“HDリマスター”はその中で、地デジやブルーレイなどで採用されている高精細度なHD画質でデジタル化され、処理が行われたものを指します

▼映画監督の仕事とは?

映画監督とは、映画製作の現場で、撮影、照明、美術など映画製作に関わる全てのスタッフや俳優たちを監督し、作品のテーマを明確に描き出す作品をつくるための総合責任

一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる

映画やTV、CMなどでそれぞれやり方は違うのですが、基本的に中身を作っていくのがディレクターで、スタッフィングやキャスティングをしたり、お金を集めたりするのがプロデューサー

▼ディレクターズ・カットが作られる理由

ハリウッドでは明確にプ ロデューサーのほうがエラいと言われている。たとえば作品のどのカットを使 うか(使わないか)を最終的に決められる「ファイナルカット権」というもの があるが(アップルの映像編集ソフト「Final Cut」はここから取られている)、 この権利を持っている監督は数えるほどしかいないと言われている

ファイナル・カットは、たいていの場合製作サイドにある場合が多く、監督の意図通りに映画が完成しないことはままあります。

もちろん全ての作品ではないが、ほとんどの場合監督は編集権を持たず、また編集作業には立ち会えない。
脚本を映像化するために撮影場所や衣装、美術、機材のスケジュールなどの準備から始まり、全てのシーンを撮り終えるまでが監督の仕事。
その後のフイルムの編集や効果音、音楽、文字などを入れるのはプロデューサーが実権を持って行われる。

しかし、その作品がヒットすればプロデューサーよりディレクターズ・カット版、すなわち監督の思い通りの仕上げを施した作品を作る許可が出るのだ。
晴れて監督が本当に撮りたかった作品として世にお目見えするわけ

苦労して撮影したシーンなどに愛着を持つ監督が編集すると、どうしても、カットするのが惜しいと思い長くなってしまう

長くなれば長くなった分、一日に上映できる回数が減り、映画館での観客の回転率が悪くなるから

映画をつくるためには、監督の指揮のもとで色々なシーンが撮影されます。そして撮影後のフィルムは、すべてを使用するわけではなく、取捨選択をすることで上映時間分のフィルムが残り、完成となります。この編集作業に、プロデューサーが介入します。
「このシーン面白くないから要らない」「このシーンも上映時間を短くするためにカットする」などとプロデューサーが判断すれば「監督の思い」とは、別の作品になることがある

ビデオやDVDなどの市場が拡大した事により、劇場公開版とは異なる版が公開されるチャンスが増えた事も、ディレクターズ・カットが増加した背景にある。大ヒット作品の別バージョンであれば、劇場で見たファンも改めてビデオやDVDで観賞するモチベーションとなり、儲けるチャンスが増えることになる

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう