1. まとめトップ
  2. ガールズ

ドキンちゃんに学ぶ、魅力的な女の子の秘訣

自由奔放、わがまま、でもかわいさで周りを振り回しちゃう魅力を持ってる、ドキンちゃんに見る小悪魔術を紹介します。

更新日: 2015年04月22日

放送局003さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
936 お気に入り 301549 view
お気に入り追加

「アンパンマン」のヒロイン(?)的存在、ドキンちゃん。

どんな無茶を言われてもバイキンマンはドキンちゃんに従ってしまいます。
他人のものをほしがったりわがまま放題で小悪魔、でもカワイイので許されてしまう、まさに魔性の女ですね。

でもドキンちゃんには女の子の魅力がたくさん、その謎に迫っていきましょう。

男を振り回す魔性の女

いつもドキンちゃんのお願いの為に奮闘しているバイキンマン。
男の人はこんな女の子に弱い?

ドキンちゃんといえば、
「ばいきんまん、○○持ってきて!」
というセリフに象徴されるように、女王様気質で自由奔放、わがままいっぱいのキャラクターです。

ばいきんまんが自分の望む通りの仕事をしてくれなかったときは、容赦なく「ばいきんまんのお・ば・か」。それまでの努力は全く評価せず、見下しまくっています。

ルパンの峰不二子的な立ち位置なんじゃないですか?
可愛いし華があるから許されるというか…。

魅力的な人というのは、どこかにわがままな部分がある人だと思うのです。
自分らしいわがまま。ここは自分らしくありたいという部分。譲れないという部分。
まさにその人らしさを生むところ。

自分に正直で自由奔放

ほしければ「あれたべたーい」「あれほし~い」
飽きれば「じゃ。そゆことで」とさっさと退場。

なんと素直で自由で正直なのでしょう。

恋にはひたすら一途

しょくぱんまんのことが大好きなドキンちゃん。
わがまま放題のドキンちゃんもしょくぱんまんの前では恋する乙女。
ひたすら一途なところはとってもかわいらしいですね。

しょくぱんまんの紳士的な態度に接してから彼に対して好意を抱いてしまい、以降は彼を「しょくぱんまん様」と呼ぶ。

やなせ氏いわく
『わがままな女の子は、なぜかマジメな優等生タイプを好きになることが多いのです。』

必死に自分をかわいいと言ったり陰からしょくぱんマンを見ているところがなかなか魅力的だと思います。

しょくぱんまんのために、クッキーを焼いたり花の帽子を作ったりする女の子らしい面があります。おまけにいつもは強気なドキンちゃんなのに、せっかく作ったクッキーも帽子も直接渡しに行かず(行けない)「ドキ子」に変装して学校に忍び込むのもかわいいです。

しかしドキンちゃんと、しょくぱんまんは敵同士でありまた、食パンとバイ菌という化学反応を起こさない組み合わせから叶わぬ恋である可能性が高いのですが、そのネガティブな部分を作中で一切見せず一途にしょくぱんまんを愛し続ける姿は、胸を打つものがあります。

実際しょくぱんまんはドキンちゃんの事をどう思っているかは定かではないですが、それでもひたすら彼の事を想い続ける姿は素敵です。

意外に律儀で礼儀正しく優しい一面も

ただのわがまま娘ではないんです。
変装して食べ物を食べた後逃げるときでも「美味しかったわ〜、ごちそうさま」というのを忘れなかったり、嬉しい時にはきちんとお礼を言ったりできるところも評価できるポイント。

いつもはわがままな子がいきなりそんな面を見せるとバイキンマンもドキッとしてしまうのかも。

全部が全部わがままというわけではなくて、それ以外のところでは、人に気遣ったり、人に合わせたりすることもできる。

非常にマイペースであるが、ゲストキャラに親切にしてあげるなど、意外と優しい面も併せ持っている

ばいきんまんをすっかり尻に敷いているが、バレンタインデーにチョコレートをあげる等、稀に彼に対して優しい一面も見せる事がある。

自分をアピールできる

ばいきんまんが登場するときは、「ドキンちゃんもいま~す」と、必ず自己アピールも怠らないドキンちゃん。

多少のナルシストの気もあり、自身を「世界で1番美しい女の子」と信じ込んでいる。

お姉さんとしてのしっかりした一面も

コキンちゃんが登場してからは「お姉さん」としてのしっかりした魅力も見られるように。

バイキンマンの前では自由奔放なドキンちゃんだけど、コキンちゃんの前ではお世話焼きのドキンお姉ちゃん。

傍若無人な妹分のコキンちゃんとはよく喧嘩をして扱いに手を焼いているが内心ではとても気に掛けており、最初はばいきんまんに捜索してもらうがその後に自分も捜索しに行って最後は必ず仲直りしている。

1 2





放送局003さん

いろんな情報をおとどけしていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう