1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あのスゴい人に学ぶ!無理してでも「 笑顔 」を作った方がいい理由

どんな時も「笑顔」を絶やさない人と、いつも感情(負の感情でも)をストレートに表に出す人がいます。どちらのタイプが社会的に成功しやすく、人生を謳歌できるでしょうか?

更新日: 2014年09月21日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
437 お気に入り 70125 view
お気に入り追加

▼ 多少無理してでも、「 笑顔 」 を作った方がいいのか・・・

笑えない時も多い。無理に笑顔を作る必要ってないのでしょうか?

無理に笑顔を作れる、ということは、立派なことだと思います。無理に笑顔を作りたくても、作れるというものではないわけですから・

ちょっとくらい辛くたって笑っていられる人いますよね。変に笑い続けるのも嫌ですが、笑顔で色んな事乗り切れる人って凄く羨ましい

▼ 「笑顔」 が自分の感情を良い方にリードするということがある…

笑顔の時に落ち込んだり悲しんだりすることはなかなかできません

深呼吸しながら、無理やりでも「笑顔」をつくる!私はこの方法をやるようになってから、朝、子供たちを「叱ること」が少なくなりました。笑顔を作ることで、自分自身にもほんの少しだけ心に余裕が・

窮地に立ったら、虚勢でもいいから馬鹿笑いでもいいから笑う。するとパニックから平常心を取り戻せる。笑い→余裕→平常心→コントロール→パワー。心が泣いていても、「笑うだけ」で状態は良くなる

無理にでも表情筋を動かして笑顔になれば、自然と気持ちが軽くなる

気分が落ち込んだり、辛いと感じる時は、無理やりにでも表情筋を動かして笑顔になることで、自然と気持ちが軽くなります。手軽に出来て幸せを感じられるので、どんどん笑顔を作るようにした方がお得

▼ 笑顔には、自らの 「 幸せを感じやすくする 」 メカニズムがある

表情を明るくしてみると、それだけで気分がよくなってくることが

すると、最初は笑顔をつくっていたとしても、結果として楽しい出来事が多くなってきて、本当に心から楽しいと思えることも出てくる

笑顔を作る時というのは、顔にある表情筋を動かします。その表情筋の働きによって脳に刺激が送られ幸せを感じやすくなるということ

自律神経系の変化により、愉快な気持ちのときと同じような感情に…

これは笑顔を作ることで自律神経系の変化が生じて、心から愉快な気持ちでいるときと同じような感情になるからです。笑顔はストレスから身を守り自らの免疫力を活性化する働きをしているとも言えます

▼ まわりに好影響を与えるため、良好な雰囲気を作ることができる

大体、笑顔自体は相手に好感を持たせます。(「ニヤケ」や「悪意ある笑み」は除外。)日常的に笑ってたら、少なからず好感を持たれるはず

気持ちはなくても笑顔を作れば、その笑顔を見た人たちも、笑顔になって話しかけてくれます。笑顔で話をすれば、楽しい話題にもなる

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう