1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ちりも積もれば山となる『通勤時間』の有効活用

毎日電車通勤していればぐったりとしてきますよね。でも考え方を変えれば楽しい空間になるかもしれないです。まずは少しずつどうでしょう。。

更新日: 2014年08月06日

247 お気に入り 95305 view
お気に入り追加

◆満員電車

交通機関は混み合っていることが多く、通勤ラッシュの満員電車の中などでは、スマートフォンを取り出すことすら憚られる

自宅から会社まで1時間かかるとすると、1日に往復2時間、5日で10時間、1年では実に480時間もの時間を、通勤に費やす計算になる

◆立ち位置

混んだ電車でも入り口付近ではなく奥へ入ることで、立っていても体を動かせる余裕があり、読書やメールなどができる

◆有効活用

情報取集

オーディオでの情報取得だ。ポッドキャストのほか、情報サービス系アプリ、オーディオブックなどが利用できる

オーディオブックとはズバリ、「本の読み聞かせ音声」です。つまり、スマートフォンを使って、イヤホンやスピーカーを通して本の内容をまさしく「耳で読む」ことができる

電車で座れるなら、ビジネス書を読んで仕事のモチベーションを上げよう。「雑誌を読むように、気になった部分を拾い読みするだけで、趣旨は頭に入る。片道30分なら往復で1冊読めますよ

本だと万が一座席に座れなくても読むことができますし、時間に合わせてやめることもしやすい

多い人は通勤時間の間だけで一年間で250冊読んだそう!電車は静かで自分の世界にこもれて読書には最適な場所の一つでもあります

早く出る

通勤地獄は切実です。なんとか回避するために早朝出勤に切り替えたのですが、これが最高に快適で、いいことづくめだったんです。すいている電車では確実に座れ新聞を広げて読める、本を読める、PCで作業ができる。はては年賀状まで書くことができ動く書斎になります

予定を組む

自分がまかされている仕事を、朝からこの順番でやろうと決めて付箋に書いておいたり、座れなくて文字が書けない場合には携帯に打ち込んでおいて、職場のメールに転送するという方法もあります

筋トレ

立ち上がって、地面からかかとを少しだけ浮かしてみてください。これはふくらはぎに効きます。毎日の通勤時間で足のシェイプアップが狙えます

足を交差させたまま、つま先立ちをする。 普通に立ってつま先立ちをするより 足を交差させることで脚の内側がより鍛えられます

充電

毎日毎日満員電車に乗り、体は疲れているかと思います。通勤時間くらいはちょっぴり贅沢をしませんか? と言うわけで思い切ってお昼寝をしてみましょう

観察

1 2





ラベンターさん

芸能、エンタメニュースなどについてまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう