1. まとめトップ
  2. おもしろ

犬の気持ちをしっぽの動きやしぐさから読み取る方法

犬は言葉を喋れませんが、しっぽの動きやしぐさを観察することで犬の気持ちを読み取ることは可能です。犬の気持ちを読み取る方法についてまとめました。

更新日: 2014年09月01日

epinekoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
252 お気に入り 113100 view
お気に入り追加

しっぽを振るのは嬉しいから?

うれしいときは、耳を立て、しっぽを下向きに(自信のある犬は上向きに)速く大きくビュンビュン振ります。

ただし、尻尾の毛が逆立っていて、しかも高い位置で振っているような場合は、相手への攻撃のサインなので、注意が必要です。

低い位置で小さく尻尾を振っているときは、相手への服従の気持ちが強くなっています。

犬は楽しい気持ちでいるのか、怒っているのかは尻尾の動きだけでなく、犬の表情を観察することで判断することができます。

口元が緩み加減であれば、楽しい気分でいるとわかりますし、鼻小じわをよせたり歯を見せていたりしていれば怒っていると判断できます。

さらに低い声でうなっていれば怒って興奮している状態であるのは決定的になります。

犬が飼い主をなめるのはなぜ?

Photo by Chris Amaral / Digital Vision

口や手をペロペロと舐めるのは「大好き」「一緒にいて」という愛情表現です。

また、子犬が母犬の口元をなめてエサをねだり、母犬は食べ物を吐き出して子犬に与えるという習性から、「お腹空いた」「ご飯頂戴」というときに口をペロペロ舐めてくることがあります。

手をペロペロ舐めてくるときは、何かを要求しています。「遊んで欲しい」「お散歩に行きたい」「ほっとかないで」など、そのときの状況に応じて何をして欲しいのか考えてあげてください。

誤解するとよくないサインとして、噛んだあとにそこを舐めてくる行動があります。

一見するとすまなさそうで、反省してるんだなと思われがちですが、実際は「逆らったらただじゃすまないぞ。」という強力なアピールです。

犬との上下関係が逆になってしまっていると見られるサインなので注意が必要です。

犬が目を逸らすのは飼い主を認めているから

Photo by Chris Amaral / Digital Vision

愛犬が飼い主の方をじっと見ていたのに、突然何かの拍子で犬が目をそらすことがあると思います。

まず最初に考えられるのは、愛犬が飼い主の立場を自分よりも上だとはっきりと認めているということです。

また、嬉しいときにも目をそらすことがあるようです。

犬が自分の体をなめるのはなぜ?

犬や猫は自分の体をペロペロなめて、毛や皮膚を掃除します。

場合によっては寄生虫を除去したり、傷の手当をしてしまうこともあります。

この作業をグルーミングといいます。

グルーミング自体は正常な行動ですが、いつまでも前脚や特定の部分をペロペロなめ続けるのはストレスから発生する常同行動なので注意してください。

1





epinekoさん

気になった話題についてまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう