1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

絶妙なバランス!石積みアート「ロック・バランシング」が凄い!

カナダのアーティスト「マイケル・グラブ」氏。彼が石を積み重ねて造り上げる芸術作品は接着剤を一切使わず超絶妙なバランスだけで積み上げられているのだ!彼の作品の画像と「重力接着」とよばれる彼の技法についてまとめてみました。

更新日: 2014年08月07日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
244 お気に入り 100477 view
お気に入り追加

アーティスト「マイケル・グラブ」

アメリカ・コロラド州を拠点に活躍するMichael Grab(マイケル・グラブ)さんは、自然にある石を絶妙なバランス感覚で積み上げるユニークなロックバランシングのアートを制作しています。

彼が造り上げる石のアート作品が凄い!

何がすごいって...、

全部接着剤を使っていないのだ!

全てが「バランス」で出来上がっている

カナダのパフォーマー、マイケル・グラブ氏によって手がけられた石を使ったアート。それは、石を超バランスで積み上げて一つのオブジェクトを作るというもの!

「重力接着」

アーティストのマイケルグラブは複雑な重さと形をした岩をまるで接着剤を付けたかのごとく積み上げていきます。まるで重力をコントロールし接着する事から「Gravity Glue」と名付け活動を続けています。

上手く積み上げるそのコツは?

石を上手く積み上げるコツは、「石が自立するために必要な『三脚』になる要素を、石の中に見つける事」と語っています。大きいものから小さいものまで、どんな石にもその三脚は含まれているとの事です。

重要なのは”三脚”を見つけ出すことだといい、”三脚”を機能させることで岩を立てることができるといいます。そして大きな岩と小さな岩を組み合わせることで、無重力のような不思議な感覚を見る人に与えます。

石を立たせるために忍耐強く繊細に「三脚」と同じ構造を持たせてくみ上げていく、あるいはやじろべいのようにバランスの取れるポイントを探すということを繰り返す。マイケル·グラブはこの作業が自分をリラックスさせストレスをリリースさせると語る。

創作する事で精神も研ぎ澄まされる...。

彼は何年にも渡る精神修養と瞑想を経てこの技を習得したという。見るものにまで「無の境地」を感じさせてしまう強烈なビジュアル、映像のなかの彼の呼吸音が印象的だ

幾多の失敗があったであろう...。

練習を積んでいくと、石の重心がすぐに分かるようになるらしいです。精神が研ぎ澄まされるんだとか。

やじろべいのようにバランスの取れるポイントを探すということを繰り返す。マイケル·グラブはこの作業が自分をリラックスさせストレスをリリースさせると語る。

その創作姿勢は、まるで石と対話しているようで、どこか禅に似ているところがあります。石を積み上げる事は、「瞑想に委ね、無の状態を探し、重圧を克服する」とも語っています。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう