1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

女王様キャラは封印?沢尻エリカの「キャラ変」に隠された切ない裏事情

かつては「エリカ様」と呼ばれ、数々の騒動と共に恐れられる存在だった沢尻エリカ。しかし昨年末以来、これまでのキャラをがらっと変えてきました。過去の発言などを謝罪すると共に、バラエティなどでも親しみやすいキャラに生まれ変わった沢尻エリカ。その裏には芸能界ならではの切ない事情があったようです。

更新日: 2014年08月08日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
60 お気に入り 403462 view
お気に入り追加

▼本格復帰したエリカ様が清楚すぎるんだけど

かつては「原始人風衣装」や「ギャル風メイク」など、自由奔放な発言とファッションがたびたび話題を集めてきた沢尻エリカ。しかし昨年末くらいからそれまでのイメージをがらっと覆すような「キャラ変」に成功。以前の清楚なイメージを取り戻しつつある。

沢尻エリカさんといえば、毅然とした空気と、美しい顔立ちからエリカ様と呼ばれ、注目を集めていました

しかし、ここ最近の彼女は激変し、 「いい子キャラ」になったと話題になっています

⊿かつては「エリカ様」と恐れられていた沢尻エリカだが…

「別に…」発言をして以来、女王様キャラとして注目される中、09年1月に高城氏と結婚した沢尻エリカ。しかし翌10年4月に離婚協議に入ったことを報告。これに対し、高城氏が「寝耳に水」と“反論”したことで、騒動はドロ沼化したこともあった。結局離婚の意思を表明してから1339日たった昨年12月、ようやく離婚が成立した。

沢尻エリカさんといえば、2007年の「別に」発言をきっかけに、これまでも「わがまま女優」として、散々叩かれてきました

結婚前の全盛期は、その名も「沢尻会」と銘打たれた一大勢力を形成

沢尻さん本人は、一貫して「沢尻会」の存在を否定し続けています。

⊿そんな態度が災いしてか、一時芸能界から干されることに

かつては人を人とも思わない高慢な態度で「絶対に共演したくない」とタレントたちに言わしめた沢尻

⊿その後、徐々に露出を増やしていった

今年4月、「タイヨウのうた」以来8年ぶりにドラマで主演を務めた沢尻エリカ。最近はバラエティーなどにも出演を続けており、干される前以上に芸能活動が充実している。

マスコミにサインさせた“6箇条の誓約書”とともに活動を再開。CMやテレビドラマ、BeeTV等、露出を増やしていき、主演映画「ヘルタースケルター」を公開

今年4月19日スタートのフジテレビ系ドラマ『ファースト・クラス』で8年ぶりに地上波連ドラ主演を務めた

▼昨年、ついに「別に」騒動について謝罪と真意を口にした沢尻エリカ

2007年の主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで司会者の質問に「別に」と不機嫌そうに発言したことについて言及

昨年11月17日放送のBS―TBS「週刊BS―TBS報道部」に出演した際の発言。

「子どもとか夢を持って(映画を)見たいと思っている人がどうとらえるのかといった部分を、私は考えていなかった」と反省

「まだまだ子どもだったし、そういった無責任なことで『それでいいじゃん』って、うがった見方を当時はしていた。申し訳ないと今では心から言える、そう思っています」と続けた

⊿さらに「別に」発言の真意も口にした

母親がフランス人のハーフで当時、「私は何かみんなと違う」との思いを抱え、自分の意見が理解されなかった際には「すごく葛藤し、偏屈な考えを持っているときもあった」と振り返った

▼かつて番組で共演し、不愉快な思いをさせた中山秀征にも謝罪した

”沢尻は2007年9月、舞台あいさつでの「別に」騒動の2日前、当時、中山が司会を務めていた『ラジかるッ』のトークコーナーに出演。視聴者からの「沢尻会は本当にあるの?」という質問に、眉間にシワを寄せ「メディアが勝手に言ってるだけなんで」「ないですね」と答え、「エリカ様の弱点は?」という質問にも、「あっても教えないです」と不機嫌そうに返答。沢尻は放送中にプレゼントされた“番組特製ストラップ”をテーブルに置いたまま帰り、スタジオが凍りつく事態となった。”

出典:中山秀征と7年ぶり和解の沢尻エリカ、“別に”時代を振り返り「末期だった。人じゃなかった」
http://goo.gl/4oC6mU

沢尻エリカが、7年前ぶりに中山秀征と和解。7年前に生放送で起こした“アノ件”について謝罪した

沢尻は、3日放送の「シューイチ」(日本テレビ系)の「九時半越えは夏休みSP第2弾」コーナーに、同番組でMCをつとめる片瀬那奈の10年来の親友として登場

2014年8月3日放送の「シューイチ」での発言。

7年前に出演した『ラジかるッ』(同)の話題になると、沢尻はカメラに向かって「中山さん、その節は、大変失礼いたしました」「反省しております」と謝罪した

その謝罪を聞いて、スタジオの中山秀征は「(7年前には)威圧感しかなかった。大人になったんだろうね」と笑顔。2人にとって、7年越しの和解となったようだ。

⊿あの当時は「人」じゃなかった?親友も距離を置くほど荒れていた

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう