1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

未だ残る最大のタブー。表に出てこないキムタクの結婚生活

森くんの手紙が27時間テレビで放映されたりと、赤裸々なSMAPの姿が話題になってましたが思い起こせば他にもあった最大のタブー。結婚の時こそ大きく報道されましたが、あまりメディアで語られることのないキムタクの結婚生活。一体どんなものなのか、まとめてみました。

更新日: 2014年08月14日

pintandaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
178 お気に入り 1199160 view
お気に入り追加

森くんの手紙もあったけど、未だに残る最大のタブー

27時間テレビで、キムタクと工藤静香の結婚という最大のタブーには決して触れられることはなかった

週刊誌での報道も少ないその結婚生活

BUSAN, SOUTH KOREA - OCTOBER 09: Actor Takuya Kimura attends at the Press Conference-Gala Presentation 'I Come with the Rain' during the 14th Pusan International Film Festival at the Shinsegae Centumcity on October 9, 2009 in Busan, South Korea. The biggest film festival in Asia showcases 355 films from 70 countries and runs from October 8-16. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

最近では夫婦でゴルフやサーフィンに出かけて、夫婦で車中デートを楽しんでいる

工藤静香のディナーショーで「今年は旦那さんからプレゼントをもらいましたか?」の質問に「申し訳ないくらいにもらっています」とノロケていた

「クリスマスとかイベントに関係なくくれるので、逆にちょっと困っちゃいます」とも

キムタクが原宿にあるアクセサリーショップにお忍びで来たみたいです。その時に運転席にいたのが工藤静香だった

旦那さんの買い物に付き合っていた様子

キムタクが原宿のアクセサリーショップから出てくるところを撮影したと思われるこの写真は最高 pic.twitter.com/9xRMyRR1uv

2人とも結構な教育パパ・ママっぷり!

ハウルの動く城のインタビューでは『キレイな人は海外には沢山いるけど俺は家族が一番大事』と話していたキムタク

キムタクは勘違いを起こさないように挨拶はもちろん、感謝の意を持った日本人としての美学をしっかり叩き込んでいる

工藤静香は以前テレビで「家の庭に小さな畑を作っていて、出来た野菜で子供とお料理したりする」と話していた

母親としての工藤は「すごい神経質なママ」と自己評価で、「言ってあげられるのは今しか無いし、親しかいないですよね」と話した

手洗い”どころか、細かい生活習慣にまで口を出してしまうとか

金銭感覚は普通で、お手伝いをしても得にお小遣いはあげず、長女はほしいものを買うために3カ月程お小遣いを貯めるという

子供はいつの間にか、中学生に

2001年に生まれた長女・心美ちゃんは13歳、2003年に生まれた次女の光希(みつき)ちゃんは12歳に

ハイレベルな教育の他にも絵画や写真、彫刻などの子供たちによる個展も開かけるようにインターナショナルスクールに入学させた

山野楽器が主催した『第23回ヤマノジュニアフルートコンテスト』で心美ちゃんは最優秀賞、光希ちゃんは優秀賞に輝いている

いまではパリへの留学を考えているとの話です!

フランスはフルート先進国でもある

1 2





pintandaさん



  • 話題の動画をまとめよう