1. まとめトップ
  2. おもしろ

リアルな野生動物たちに驚く3分間の映像

リアルな動物たちの姿には新鮮な驚きを感じます。「空き時間」で観られるぐらいの短時間の映像と、豆知識をまとめました。イルカやホッキョクグマ(シロクマ)、ザトウクジラ、ガラガラヘビなど。映画のように美しい動画は、アクションカムの『GO PRO』で撮られています。

更新日: 2014年09月23日

riku100wさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 6632 view
お気に入り追加

イルカ

生物分類上はイルカとクジラに差はない。(中略)成体の体長でおよそ4mをクジラとイルカの境界と考えることが多い。

イルカは一度も泳ぐのをやめず息継ぎもきちんとしながら常に泳ぎ続けている事から、かつてはイルカは全く眠らないのではないかと言われていた。(中略)目をつむってから息をするまでの約一分間×300回〜400回が一日の睡眠時間であり、一定方向に回転しながら眠ることが知られている。

イルカは体重に占める脳の割合(脳化指数)がヒトに次いで大きい

ホッキョクグマ

流氷水域、海岸などに生息する。冬季には流氷の南下に伴い南へ、夏季には北へ移動する。

体長オス:200-250cm メス:180-200cm 体重オス:400-600kg(最大800kg)メス:200-350kg(妊娠時500kg)

流氷の間を数時間にわたって泳いだり、時速6.5kmの速度で約65kmの距離を泳ぐことができる

アザラシを主食とする(中略)。アザラシを捕食する際は、優れた嗅覚で匂いを察知し、氷を掘って巣穴にいる個体を襲う、氷上にある呼吸用の穴や流氷の縁で待ち伏せる、氷上にいる個体に忍び寄るなどの方法を取る

ザトウクジラ

標準的な個体では体長11 - 16m、体重30t
全長の3分の1に達する長く大きな胸ビレと上下の顎にあるフジツボに覆われた瘤状の隆起が特徴の一つ

ザトウクジラは歌を歌うクジラとしても知られている。他のクジラも求愛などの際に声を出すことはあるがザトウクジラの歌は他のクジラと全く異なる。歌は1曲数分から30分以上続くが、何曲も繰り返して歌う。最長で20時間程の繰り返しが観測されている。

パラオのジェリーフィッシュレイクにて大量のタコクラゲ

大昔の地殻変動により、四方をロックアイランドに囲まれて出来上がった塩水湖の一つが「ジェリーフィッシュレイク」(クラゲの湖)である。ここには無数のタコクラゲが生息しており、パラオを象徴する代名詞的存在になっている。また、ここのクラゲは毒性が極めて低いので安心してクラゲとの一時を過ごせる。

アザラシ

北極圏から熱帯、南極まで幅広い海域に生息する。日本近海では北海道を中心にゴマフアザラシ、ワモンアザラシ、ゼニガタアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシの5種のアザラシが見られる

アザラシは優れた潜水能力をもつことで知られている。キタゾウアザラシは1,500mまで潜水した記録がある。

ガラガラヘビ

危険を感じると尾の積み重なった脱皮殻を激しく振るわせて音を出し、威嚇する。尾の積み重なった脱皮殻が赤ちゃんをあやすガラガラのように見えることが和名や英名(rattle=ガラガラ)の由来。

サイ

ゾウに次ぐ大型の陸棲哺乳類であり、最大の種であるシロサイは体長4m、体重2.3tに達する

巨体に似合わず最高時速50kmで走ると言われる。

サイの皮膚は非常に分厚く硬質で、体全体を鎧のように覆っている。その皮膚はあらゆる動物の中でも最硬といわれ、肉食獣の爪や牙を容易には通さない。加えて成獣は大きな体躯を持つことにより、肉食獣に襲われて捕食されることはあまり多くはない

1 2





身近の気になることをまとめています。

ライフハック、自己啓発、ビジネス、ダイエット、アウトドア、英語など。

Twitter
https://twitter.com/riku100w




  • 話題の動画をまとめよう