1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

復活!ハサミの切れ味をよくする4つの方法

日ごろ、よく使うハサミ。気が付けば切りにくくなっていたなんて事ありませんか?実は切れ味を復活させるために、意外なものが役に立ったり、またおなじみのアレも実はいくつかのコツが必要だったり。ここでは、ちょっとしたお手入れで切れ味がぐんと良くなる方法をご紹介します。

更新日: 2015年11月13日

uryuxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
665 お気に入り 306149 view
お気に入り追加

はさみが切れにくい・・・

Photo by George Doyle / Stockbyte

鋏なあ、新しいの欲しいな。切れにくいのずっと使ってるからな(ーー;)

なんやねん、このはさみ切れにくいやんけ!!!!!!!!

はさみが切れにくくなるのはなぜ?

小さな傷が沢山できてしまうため。

目には見え難いこの傷が切れ味を悪くしてしまいます。

解決策① アルミホイルを切る

切れなくなったハサミでアルミホイルを10回切ります。

アルミホイルはピンとした新しいものよりも、クシャッとしたもののほうが効果が高いので、汚れがひどくなければ使用済みのものでじゅうぶん。

お財布にもやさしい修理法です。

途中で切れるかどうか紙などを切って試してみる。

オーブン料理で敷物に使ったり、落し蓋の代わりに使用したアルミホイルでも使う事ができます。

解決策② ドライパーを切る

ドライバーは、表面がなめらかな物やクロームメッキの物がお勧めです。

1、2回やれば新品のハサミように切れ味が戻ってくる

ハサミでドライバーの鉄の部分をはさんで、切ります(切ろうとする)。これを1、2回やれば新品のハサミように切れ味が戻ってくるはずです。

解決策③ せっけんを塗る

Photo by Ryan McVay / Photodisc

石鹸を刃に塗ってみましょう。
そうすると、汚れが石鹸に付き、切れ味が戻るのです。

せっけんの油分により、ハサミの滑りが良くなるので
サビ対策としても効果的です。

解決策④ 砥石で研ぐ

小さめの砥石(中砥)を片手にもち、もう片手に鋏をもって、
砥石を動かして研ぐ。

10回も研げば大丈夫です。(押すだけにするのがコツ)

刃の裏面(こすれあう面)はできるだけ研がない。

ここを平面にしてしまうとすきがなくなり
動きが悪くなるうえにほとんど切れなくなります。

使い始めは、やわらかいもの(力のかからないもの)で慣らし切りをする。

力のかからない作業をすることで、刃のすり合わせが馴染みます。

研ぐ時のポイントは?

1 2





美容法・ダイエット法
http://urx.nu/bC5h
動物系
http://urx.nu/bC6n
話題・ネタ系
http://urx.nu/bCac



  • 話題の動画をまとめよう