1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

うまく話せない・・・大事な場面で「噛まない」ようにするコツ

大事な場面であればあるほど緊張して、噛んでしまうことってありませんか?会議、プレゼン、面接、プロポーズなど、出来ればスムーズに言葉を発したいものですよね。大事な所で噛まないようにするポイントをまとめました。

更新日: 2014年08月13日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
280 お気に入り 71386 view
お気に入り追加

緊張で噛み噛みに・・・

帰宅! お偉いさんの前で発表糞緊張した! もう噛み噛みやった(笑) 今日と明日休みやけど、車ないけん暇やな!

バイトしようと思って電話したけど緊張して噛み噛みになったのでもう電話とかしたくない

▼噛んでしまうと、相手に伝わっているのか不安に・・・

大事な場面であればあるほど緊張して、噛んでしまうことってありませんか?
会議、プレゼン、面接、プロポーズなど、出来ればスムーズに言葉を発したいものですよね。

大事な場面で思わず噛んでしまい、相手に伝えたい事が伝わらなかったり、ムードが台無しになったりしてしまう

喋っている最中に、大事なところで噛んでしまい会話がストップ……。重要な場面でつまずいてしまうと、バツの悪い思いをすることもあります

緊張してしまうと言葉に詰まったり、頭の中が真っ白になってしまったり、声が震えてしまったりします

▼どうして噛んでしまうの?滑舌が悪くなる原因とは?

1.唇と下がうまく動いていない
2.口角がきちんと上がっていない
3.母音を正しく発言できていない の3つです。

舌や口唇の動き、口の開け方、歯並びなど、原因としてはさまざまものがあります。

大事な所で噛まないようにするポイントとは?

①自分が言いたいこと、伝えたいことを整理しておく

自分が何を言いたいのかなど、常に内容を意識しましょう。しっかりと話せるように練習しておくことも大切です。

話したいことが頭の中でまとまっていない場合もあります。
まずは自分が言いたいことをきちんと整理する癖をつける

内容をしっかりと把握して話せるようにしておく

鏡の前でイメージトレーニングをしておく。

②日々のトレーニングを行う

早口言葉を行ったり、口や唇を動かすのに使う「表情筋」を鍛えるなど、日々のトレーニングも大切です。

口角は思いきり上に上げます。その状態で3分間キープ!
これを朝晩1回ずつ、1週間続けましょう。

本番の前に時間をはかりながら練習しておき、同時にトラブルの処理方法も考えておく。

早口言葉、滑舌五十音、腹筋、背筋、ストレッチはいつも欠かさずやって下さい。

③話す時は、リラックスした姿勢を心がける

足を肩幅ほどに開き、左右均等に体重を乗せ、あごを引き、背筋を伸ばしましょう。
程よくリラックスした姿勢は、常にキレイな発声がでできます。

きちんと発声するためには、立っているときも座っているときも、正しい姿勢作りが基本です。肩の力を抜き、リラックスしましょう。

リラックスしているときの呼吸や体の状態を作ることで、気持ちのリラックスにつなげられます。

1 2





ピュンマさん



  • 話題の動画をまとめよう