1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

試したい新世代の日本酒7選

伝統的な作りも大切にしながら型にハマらない酒造り。低精米歩合からデザインボトルまで新世代の日本酒を集めました。

更新日: 2014年08月12日

726 お気に入り 209264 view
お気に入り追加

(1)新政 No.6 (秋田 新政酒造)

▽伝説の老舗蔵を東大卒の8代目が改革

新政 No.6 R-Type 1,800ml
1800ml
精米歩合 60%
税抜価格 2,600円

新政酒造は伝説の「6号酵母」発祥の地。低温でも醗酵力が強く、東北の寒冷地でも酒造りを可能にした革命的酵母で、曾祖父が発見者だった。

しかし、味や香りの個性が弱いため、次第に使われなくなる。佐藤さんはまず、その昭和5年生まれの、半ば忘れられていた旧型酵母を、現代の土俵に引っぱり出してきた。

“現存最古”の酵母がもたらす、涼やかで奥ゆかしい香りは、華やか一辺倒だったトレンドに一石を投じる新鮮な「作品」となった。

新政No.6 R-type。新世代日本酒の雄。爽やかな酸味と甘みと旨み、キレの良さ、鮮烈さ。白ワインのようなジュースのような。 おいしい。本当においしい。 pic.twitter.com/gMZim0YtFB

(2)純米80 くろさわ(長野 黒澤酒造)

▽なるべく削らない、精米歩合80%

磨くだけが能じゃない 低精白のお酒の旨味にハマッてください

くろさわ/純米80 うすにごり生
720ml
精米歩合 80%
税抜価格 1,000円

本日の晩酌 : 生酛造りくろさわ純米80 信州産ひとごこち 精米歩合80% 日本酒度+4、酸度2.0 酵母K9号系 柔らかな口当たり。一見軽く感じられるも、旨味やコクがしっかり存在感を示している。 古めかしいのに、革新的な酒。 pic.twitter.com/42laUi2E0J

精米歩合の数字が低いほど米が磨かれ、雑味が減る=いい(おいしい)日本酒と思っている方も多いのでは。

流れに逆行するかのように、精米歩合80%以上、なるべく削らない、米の個性を生かした日本酒を造る蔵が増えてきており、日本酒好きの間では密かな人気

(3)白瀑 純米生にごり 「ど」 (秋田 山本合名会社)

白瀑 純米生にごり 「ど」
720ml
精米歩合 65%
税抜価格 1143円

某行政機関から『これではまるで「どぶろく」そのものじゃないか!』と、大目玉を食らい、ある意味お墨付きまでもらった本格にごり酒

「濃い・・・濃厚です」「クリーミー」な口当たりです。

そして活性生による発泡の爽やかなのど越し

▽青い日本酒も作ってます

今年もきたよー\(^o^)/白瀑ブルーハワイ(秋田)キレイなハワイアンブルーは見た目もサイコー、甘酸が心地よく後口のキレもgood!清涼感抜群。美味し~、こんなワクワクする酒は他にないよ。 pic.twitter.com/I97WcNFFgC

(4)モンスーン (滋賀 笑四季酒造)

▽おしゃれなデザインボトル

ひと目みて「これワイン?」と誰もが思います。ラベルはイラストレーター魚住幸平氏のデザイン

笑四季 モンスーン2014 山田錦 生
750ml
精米歩合 60%以下
税抜価格 1700円

笑四季モンスーン山田錦プロトタイプ 角の無いやわらかな酸味と甘みがバランスしており、心地良く飲めます。 今夜二日目が楽しみ! pic.twitter.com/sRKqOJ5hQH

1 2







  • 話題の動画をまとめよう