1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

感動…3Dプリンターで”失った身体”を手に入れた動物たち

3Dプリンターによって動物たちを救ってあげる輪が広がってるんですね

更新日: 2014年08月12日

f_squirrelさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
256 お気に入り 203861 view
お気に入り追加

一匹のチワワが、海外で話題に

その時の獣医さんが里親となり、タルボ―を愛情いっぱいに育てている

出典fox59.com

しかし、犬にとって、前足がないのは大変…

順調に成長したタルボ―の体には、オモチャを改良した補助具では不便が多い

そんな時、ある会社の社長さんが、タルボーが車イスを求めているのをネットで知ります。

設計したものを3Dプリンターで出力

傷ついた鳥には、クチバシを再生

2012年に、上のクチバシを失ってしまった。

安楽死に反対した一人の女性が、科学者やエンジニア、歯医者と協力し合って、新たなクチバシを設計

新たな動物の整形手術の基礎になると言われる

このペンギンは仲間との争いか転落など不慮の事故が原因で、クチバシの下側部分を失ってしまった。

そのとき、たまたま同動物園に3Dプリンターの売り込みで訪れていた会社員は、このペンギンのことを聞かされた。

複数のペンギンの3Dスキャンデータから、クチバシの寸法や形状といったデータを分析

何通りかのクチバシを準備して、再生プロジェクトが進んでいる

動物の失われた部分を3Dプリンターで「復元」する試みは、欧州ではこれが初めて

アメリカでは、アヒルの足を再生

1 2





f_squirrelさん



  • 話題の動画をまとめよう