1. まとめトップ
  2. ガールズ

肌ケアしないし化粧もしない!「しない」で"小悪魔美肌"になれる

みなさん、「化粧品ぶとり」していませんか?

更新日: 2014年08月18日

cococcaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
434 お気に入り 126394 view
お気に入り追加

肌の美しい人の共通点は”しない”こと!

Photo by Image Source / Photodisc

肌の過食は危険

出典「美肌革命」,P22,佐伯チズ,講談社

「きれいな肌を手に入れたければ、やらない勇気を持ちなさい」

出典「美肌革命」,P17, 佐伯チズ,講談社

よく「肌のきれいな人は、何をしているの?」と質問しますが、じつは「してない」のです。

ファンデーションを”しない”

Photo by Image Source / Digital Vision

ファンデーションを塗っていなければ毛穴はふさがれず、余分な皮脂は石けんを使い水やお湯で洗い流すことができるので、肌にとっては効果的です。

日焼け止めクリームを”しない”

Photo by OJO Images / OJO Images

紫外線以上に日焼け止めは肌に障害を起こす有害なものと考えられています。

理由は界面活性剤をはじめ肌に刺激になる成分が入っていて バリア機能を破壊して肌に炎症をおこさせる原因になるからです。

なので、日焼け止めは基本的には日傘や帽子、長袖のシャツを着るなど紫外線を遮光することがメインになります。

どうしても日焼け止めを塗らないといけない場面では、ワセリンベースの日焼け止めを使います。

日焼け止め専用クレンジングを”使わない”

Photo by Andy Reynolds / Photodisc

日焼け止めとパウダー、軽いタイプのパウダーファンデーションなど、ごく軽いメークのときは、洗顔料だけでも落とすことができます。

ただし、海やプール用などウォータープルーフ日焼け止めには、クレンジングが必要です。

洗顔にはオイルを”使わない”

Photo by Jupiterimages / Pixland

強力な合成系界面活性剤が含まれたクレンジングオイルは、肌に対する大敵だと言っていいものです。

肌が丈夫な人なら使っても問題ありませんが、多くの人は、使い続けるうちに肌のバリア機能が壊れ、乾燥や敏感肌に傾いてしまいます

乳液を”しない”

Photo by BananaStock / BananaStock

お肌に直接行うスキンケアが、ニキビを作る原因にも、悪化の原因にもなっていることをご存知ですか?

乳液やクリームに含まれる「油」。実は、これがセラミドの構造を変化させ、ニキビ肌のできる肌環境にしているのです。

1 2





cococcaさん



  • 話題の動画をまとめよう