1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

間もなく完成!ミラノの真ん中に森のマンション、その名は垂直の森!

2015年5月のミラノ万博までに完成を目標に急ピッチで作業が進んでいる高級分譲住宅!緑が溢れています。

更新日: 2014年09月13日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 9381 view
お気に入り追加

A Milano nasce un Bosco Verticale ミラノに「垂直の森」が誕生!

建築家ステファノ・ボエリ氏率いるStefano Boeri Architettiのデザインによる2連の高層レジデンスですが、その名の通り、緑に包まれた塔のような建物です。

垂直の森の敷地であるポルタ・ヌオヴァ地区はミラノ中央駅からも近く、ガリバルディ駅(イタロの発着駅としてモダンな装いになった駅)に接する地区です。ドゥオモのあるチェントロ地区からも徒歩5分という近さです。

限られた土地に緑を増やすために、マンションごと森にしてしまおうというユニークなアイデアです。

各階のバルコニーに木を植え、2棟分をトータルすれば、サッカー場を埋め尽くす広さの森になるそうです。

結構な量になりそうです。

ツインタワーには全部で900本の木が植えられる予定です。木の高さはそれぞれ3〜9メートルと高さを変えて自然な動きを演出し、木の周辺には植物も植えられます。

この建物は高層の建築物「ボスコ・ヴァーティカーレ」。“垂直の森”という意味のボスコ・ヴァーティカーレは、110メートルと76メートルのツインタワーで構成されている。

両棟には場所に応じて「3、6、9メートルの高さ」木が植えられる予定で、その総数は900本。さらに、木の周りには多くの植物も育てられ、これらの植物が建物内で生活する住民たちに都市部の汚れた空気を“ろ過”する役目を果たすそうだ。

ただいま急ピッチで建築中です。

放射線や騒音からの保護や適度な湿気をもたらすといい、環境面において建物全体の木や植物で「1万平方メートルの森」と同様の効果が期待できるという。

完成したらこんな感じになるようです。

各戸の販売価格は決まっており、最も安い部屋は80平方メートル/56万ポンド(約6,850万円)。最も高い部屋は200平方メートル/170万ポンド(約2億円)と、なかなかの価格となっている。

1





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。



  • 話題の動画をまとめよう