1. まとめトップ
  2. カラダ

チーズは早く食べよう!!賞味期限を絶対に守るべき7つの食べ物

みなさんは賞味期限を気にする方でしょうか。実は、たいていの食べ物は多少であれば賞味期限を過ぎても大丈夫なのですが、中には必ずチェックしなくてはならないものもあります。そこで、賞味期限を守らないと食中毒の原因となる、要注意な食品をご紹介します。

更新日: 2016年03月30日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
504 お気に入り 410225 view
お気に入り追加

みなさんは賞味期限を気にする方でしょうか。実は、たいていの食べ物は多少であれば賞味期限を過ぎても大丈夫なのですが、中には必ずチェックしなくてはならないものもあります。そこで、賞味期限を守らないと食中毒の原因となる、要注意な食品をご紹介します。

◆ 賞味期限とは

「製造メーカーが品質を確実に保証している期限」であり、賞味期限を過ぎても食べられなくなるとは限りません

しかし、一度開封したものは、表示されている期限にかかわらず早めに食べるようにしましょう。表示されている期限は、開封後も保証されているわけではありません

なお、缶詰などは保管中に新たな微生物が侵入しないかぎり、賞味期限の経過後についても開封しなければ5年、10年と長期間保存できます

これより、賞味期限に注意すべき食べ物をご紹介します。

■ 卵

昔の人たちは、卵を割ってみて、黄身が“こんもり”していれば大丈夫、と判断していたようですが、食中毒のリスクを避けたければ、賞味期限を守った方が無難です

■ パン類

パンは種類によってさまざまですが、調理パン、生クリームなどは痛むのがすごく早いので、賞味・消費期限は厳守です

梅雨の時期だと、1日経過後にカビが生えてくることも多いです

食パンなどは冷凍などで日持ちしますが、冷凍に過剰に期待するとパサパサになって味もかなり落ちてしまいます

■ ひき肉

アメリカ人が、ハンバーガーなどをグリルで焼いて食べることが多いからなのですが、ひき肉には大腸菌が付着していることが多いそうです。なので、必ず賞味期限を守ってください

■ いちご

いちごは、品種や時期的な差もありますが基本的に傷みやすく重みや外部からの圧力にとても弱い果物です

買うときにパックの下の部分等に注意しておいても傷んでいることがあります

ブヨブヨになっている状態であれば、食べるのは避けましょう

■ 貝類

新鮮なうちに食べれば、それほど問題はありませんが、少しでも古くなると、こういった菌が大量発生してしまうので、食中毒になる危険性が高くなります

1 2





雑食系まとめ主
Twitter: https://twitter.com/ilabjpn
過去まとめ: http://bit.ly/ilabjpn



  • 話題の動画をまとめよう