1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

海外ではレジンにこんなものまで?閉じ込めちゃったアクセサリー

レジンは型に流し込み作ることが多いですが、簡単に固めることができるので色々なものを閉じ込められます。海外の作家さんの柔軟なデザインを参考にレジンクラフトの幅を広げてみましょう♪

更新日: 2016年03月17日

nonopokoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4672 お気に入り 979212 view
お気に入り追加

レジン液についてまず知ろう

「UVレジン」とは「紫外線硬化樹脂」のこと。
すなわち、「UVレジン液」とは紫外線に反応し、硬化する液体です。
刺激臭もほとんどなく、金属・紙・布・プラスチック・タイルなど幅広い素材に使えます。
『レジン』には主剤と硬化剤を混ぜて固める2液タイプのものもありますが、UVレジン液は1液ですので、混ぜ合わせる必要がなく、簡単・手軽にアクセサリーを作ることができます。

ダイソーでも手に入るようになったレジン液

ダイソーのレジンは、UV(紫外線)を当てることにより固まる特殊な樹脂です。
ダイソーでは、「クラフトレジン アクセサリーパーツセット」と「UVクラフトレジン液約5g」を販売しています。

誰でも利用しやすいダイソーで購入できるとすれば「私にもできそう!買ってみよう!」となる方も多いはずですよね。

初めての方はまずダイソーのレジンでどんなものなのか試してみるのもよいかも♪

好きなものを固めてみよう

固定概念にとらわれず、自分独自の発想で型にはまらないものを作ってみましょう。
世界でひとつのオリジナル作品が生まれますよ。

アイディア次第で無限に楽しめるレジン

カラフルな色合いがかわいいです。

レジンで写真を閉じ込めたことにより、立体的に感じるデザインになりました。
とても綺麗で素敵です。

セミの羽はラインがとても芸術的です。
このアイディアは思いつきませんでした。

無造作に入れても、飛んでいる様子が表現されているかのようで幻想的です。
ベースの色を変えることによって、いろいろなイメージのものが出来上がりそうです。

お気に入りの写真を閉じ込めて思い出を永遠に

古いネガもこのようにリメイクすればアートな作品に

もう使わなくなったものでも新たなパーツへと生まれ変われます。

時間はもちろん止まってしまいますが、アイディアが面白いです。

まるで水槽の中を覗いているようです。

あえて綺麗に重ね合わせず、交互に置くことで動きがあるデザインになっています

ミニチュアフィギュアが埋め込まれ、青色のインクで海も表現。
ストーリーになっているようでかわいいです。

お菓子までレジンに閉じ込めちゃいました

カラフルな輸入菓子は見ているだけでもかわいいもの。

ビスケット、プレッツェル、一緒に入ってたアーモンドをUVレジンを筆で塗り塗り→硬化…を数回繰り返し、コラージュフィルムでちょっと飾って、即・完成!
思った以上に可愛い

入ってしまいがちな気泡もこのデザインなら♡

リトルダイバーの底は深い青い海。
レジンの特徴としてよく気泡が入ってしまいますが、このデザインならダイバーの息のように感じていおもしろい!

幻想的で癒されます。
海のイメージなので気泡が味になっています。

1





nonopokoさん

手作り、DIY、リメイクが好きです。
自分の気になるネタを中心にまとめていきます。
みなさんのアイディアの参考になれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう