1. まとめトップ
  2. 雑学

親子間で深刻な溝にも。左利きの子どもを矯正してはいけない理由。

昔から左利きはダメな事といわれ、右利きに矯正される子どもが多くいました。しかし、我が子が左利きだからといって無理に矯正すると子供にとって悪影響になる事も。

更新日: 2014年08月15日

放送局003さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 104257 view
お気に入り追加

昔からダメとされていた左利き

・1977年の統計では成人人口の8%から15%が左利き
・わずかながら女性よりも男性の方が左利きが多い

@29koshien 人によっていろいろなんですね(^_^;) ちなみにもともと左利きですか?自分は書くの不便だからって矯正された左利きなので…

おれぁ左利きだったんだけど右利きに矯正されちゃってよぉ

元々は左利きだったんだけど、習字やり始めてから矯正されて右利きにさせられた

最近の若い子は全部左利きのひとも普通に増えたけど、おばちゃんが小さい頃はまだ左利きは矯正されちゃう時代でねぇ……ペンは両利きなんだ実は。今の職業は両利き便利だけどね。

どうして左利きが×とされてきたの?

日本ではその昔、左利きはハンディキャップを背負っているかのように思われた

右利きの人の常識が社会の常識となっているので、左利きの人の常識が社会の常識から外れる。その非常識が社会のニーズにマッチングするとその非常識がアインシュタインのような天才となり、その非常識が社会からかけ離れる場合は変人となる。

右利きの人が多いので、文房具や自動販売機のお金の投入口、マウスの左クリックなど右利きの人達に便利なように物が作られたりしているので、マイノリティーの左利きの人は世の中から外れた人と見られがちだった。

世の中の商品が右利き用にできています。
ハサミ・包丁など左利き用のものは、 100円ショップには売っていません。交通費をかけてデパートへ行って、割高な物を買うことになります。

左利きの人用はさみ。
刃の方向が逆になっています。

文字を書く時にも不便を感じる事も。

ひらがなに限らず、漢字もローマ字も左から右に書くようになっています。ですから左利きは文字がとても書きにくくなる。

ほんまに左利きで得したことない! ドアノブも左じゃ開かんし 食べに行ったら肘あたるから 絶対端っこやし 時計も右に付けて 付け方間違えてるとか思われそうやし なんせ課題がやりづらい! 見えにくいねん! 共感者リツイート! pic.twitter.com/0O9mJT4FK0

かと言って、子供の左利きを矯正させるべきではない

右利きの人があたりまえにペンを右で持つ様に、左利きの子にとっては左手を使う事が自然なので無理に変えるべきではないのです。

使いやすいとは、すなわち機能的に優れているという事で、子供は無意識のうちに自分は、左手を使った方が色々な事を上手にすることができるという事をわかっています。

そもそも、なぜ子供が左手を使っているのかを考えてみると、それは、ただ単に左手の方が使いやすかったからではないでしょうか?

左利きの子は左利きのまま育てた方が、自分の能力を十分に発揮できる。無理に右手でやらされても、もともと右利きの子に機能上かなうはずがない。左手でやれば同じ能力が発揮できるのだ。

子どもの左利きを無理に直そうとしてはいけない理由。

左利きではいけないと言われるだけで、子どもはコンプレックスを感じてしまう。自分の自然のままのスタイルを否定されることで、自分が否定されたように感じてしまうのだ。

左手を使っていると周りの人から「左手はだめでしょ」「何度言われたら分かるの?」と何度も注意されてしまうと、自分は間違ったことをしているのだと自分の能力を否定されているように感じる。ひどい時には自己存在への懐疑にまでなることがある。

大人にいくら言われ、本人がその気になっても簡単には利き手を直せない。それで、自分の能力や努力不足のせいと思い込み、自信を喪失してしまう。

左利きの子どもにとって左手を使うことが自然のことなのに、それをしかられて矯正されると「自分は他の人と同じように出来ない子なんだ」と思ってしまう。

左利きがなかなか直らない子どもに対して、しかったり、怒ったり、罵詈雑言を浴びせかけることは、自信を喪失させるだけでなく、親子の良好な人間関係の形成を妨げることにもなる。

矯正させるのはほとんどが親御さんですよね。しかられることが多いと、「自分は愛されていないのではないか」「もしかしたら嫌われているのではないか」と思うようになり、親子関係がうまくいかなくなったりすることも。

あまり厳しく矯正しようとすると、大人がいるところでは右手、いないところでは左手と使い分けするようになる。これが、子どもの心に、ある種の良心の呵責を覚えさせてしまう。

厳しくされたりしかられたりすると、左利きなことが悪いことだと思ってしまい、大人の前でだけ右手にしたりします。そして、そうしなければならない状況や、そうさせている大人に対して反発心を持つようになってしまいます。

左手で箸を使うのを快く思わなったと聞かされてる父の目の前で、箸を"いつも"の左手ではなく、右手に"矯正"しながら食事するという日が、左利きの日だったのは皮肉と言おうか、なんと言おうか

無理やり矯正させる事によって子供に弊害が。。

・てんかんや吃音になる
  利き手の矯正によってなるものではない。左利きを無理やりに矯正させる時に、叩いたり、怒鳴ったりすることによって、心的ストレスが溜り、発症する
・とっさの時に左と右がわからなくなる
・鏡文字を書くようになる

1 2





放送局003さん

いろんな情報をおとどけしていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう