1. まとめトップ

【ユダ】かつらも公約も疑惑の沖縄県知事翁長雄志(おながたけし)さんのまとめ【救世主】

2015年11月に沖縄県知事選挙で勝利した那覇市長翁長雄志(おながたけし)さんのまとめ。保守系政治家でありながら、共産党などの野党からの推薦を受け出馬表明し当選しました!おめでとう!

更新日: 2015年04月18日

woxraroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 412050 view
お気に入り追加

★★頑張れ!最新の翁長知事ニュース★★

沖縄県民の政府への怒りが、"その何か"によって表現されています。どのプラカードより、反戦ソングより、その怒りの大きさを表しているように思います。

押しつけを嫌った何かが、大きくふくらんでいます。

もともと辺野古容認を余儀なくされた仲井眞知事の選対本部長

この横髪はかなりまずい…。頭外移設が進んでいます。沖縄の台風時期はどうやってしのぐのだろうか??

いまは誹謗中傷を繰り返す間柄ですが、もともとは相思相愛です。

翁長候補のビラ

翁長さんが4年前の選対本部長の際に決めたものを批判するというのは、後で大変なことになりますよ。

こういうどうしようもない泥沼感が沖縄選挙の魅力です。

ひやみかち うまんちゅの会(後援会)

(謎)ポスタースプレイ事件

11月4日、四候補のうち、三候補が何十か所で落書きされるという事件が起こる。しかしながら翁長候補だけを残して他の候補を落書きするということに、どの陣営がやったのかわからないという説もある。なぜか、仲井眞候補は赤で、その他候補は塗りつぶしという共通点も謎。警察に告発されているので、捜査の進展が求められている。公選法無法地帯といわれる沖縄でもさすがに度を越していると言われています。

*個人的には翁長陣営にメリットがあるのでしょうかと思いたいです。

カツラはノーよ

誹謗中傷ビラに掲載された「カツラはノーよ」どこからもってきたかの米国在住学者の発言らしいです。もはや、穴埋めのために、書かれたとしか思えないトンデモ中傷に、むしろ失笑で応援したくなります。第一学者として、匿名でこんな発言をしますかね、それ自体がまさにインチキ。

仲井眞知事も支持母体の自民党県連も公約を撤回し辺野古容認へ

公約を撤回し辺野古容認に至った五名の自民党議員。公約は本来は重い、マニフェストに発祥地イギリスでは、仕方ない時でも公約をやぶった首相はやめさせられたこともあるほどだが、日本ではうなだれることでOKとなる。

公約を撤回し辺野古を容認する。もともと普天間県外移設の公約は翁長選対委員長からの提案を受けたものであった。

共産党をはじめとする県政野党が知事選出馬要請

沖縄県知事選挙(10月30日告示、11月16日投票)にむけ、日本共産党を含む県政野党・会派でつくる知事選挙候補者選考委員会は11日、那覇市内のホテルで翁長雄志(おながたけし)・那覇市長に出馬を要請しました。翁長氏は「力を合わせて頑張っていきたい」と応じ、出馬に意欲を示しました。要請には、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員ら沖縄県選出の野党国会議員も同席しました。

共産党を含む県政野党が翁長雄志氏への知事選出馬を要請する。

現知事、自民党県連が容認に転じた中で本当に新基地断念ができるのか?という疑問の声

革新陣営には移設反対を主張する翁長氏の「本気度」を疑問視する声

この人は選挙を勝つためには何でもやるという考え方を持つと言われ、選挙後撤回は前提事項ではないかとの声がある。

「オナガ雄志知事を実現する同志会」設立

今秋の県知事選挙に向けて、金秀グループ会長の呉屋守将氏とかりゆしグループ最高経営責任者(CEO)の平良朝敬氏が12日午前、県庁で会見し、「オナガ雄志知事を実現する同志会」の設立を正式に発表した。翁長雄志那覇市長を知事選候補に推すため経済界から賛同を募る。

こういう意見もあり、基地反対には経済界も大きくバックアップする土壌が作られ始めている。問題は、当選後の実現であろう。

元は辺野古推進派

「仲井真知事や沖縄の自民党国会議員にしたように、当選後の翁長氏に『移設反対』の公約撤回を迫る作戦です。すでに水面下で接触を図っているとも、一部で報じられています。翁長氏はかつて自民党県連幹事長を務め、15年前の県議時代、辺野古移設推進決議案を可決させた旗振り役。過去のインタビューでは『ぼくは非武装中立では、やっていけないと思っている。集団的自衛権だって認める』と発言するなど、安倍自民と近い考えも持っている。安倍政権は公約撤回のためにあらゆる懐柔策を繰り出してくるでしょう」(地元紙記者)

推進しておきながら、今になって変わる点は正しい沖縄政治家のあり方です。

もう一つの疑惑

余りに不自然な髪形にかつらではないかという声も多い。

むしろ敵の気をそらす作戦ではないか?

行動力ある政治家らしく、一挙にやらないとなりません。

一番近いのは、このかつらではないだろうか?

85000円、結構します。

ちょっとマネキンの顔も似ています。

ネット時代は素晴らしいです。アマゾンでも購入できます。プライムで頼むと次の日に届きます。

ある意味、髪形は変わっていないと言えるか…。制作者の気遣いだろうか、かなり引いた写真が多い。

とにかく制作者がにくい奴です。つっこみづらく、ひいた写真を使います。

翁長 助裕(おなが すけひろ、1936年(昭和11年)3月14日 - 2011年(平成23年)1月15日)は、日本の政治家、地方公務員。沖縄県副知事、沖縄 ... 行政の向上に尽くした。真和志市長、立法院議員などを務めた翁長助静は実父、那覇市長の翁長雄志は実弟。

1 2 3





woxraroさん



  • 話題の動画をまとめよう