1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「窓から飛び降りろ」…親の前で児童に言い放った担任の意外な過去

先月、女子高生が同級生を殺害した事件が起きた佐世保市。そんな佐世保市の小学校で児童に「窓から飛び降りて」と発言した担任が処分を受け、話題になっています。佐世保市では04年にも小学生の女児による同級生殺害事件が起き、「命の教育」を強化していました。

更新日: 2014年08月15日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 194401 view
お気に入り追加

▼「ある事件」に関わった担任が発した発言

同級生殺害という衝撃的な事件に揺れる佐世保市。そんな佐世保市で勤務する一人の担任の発言が話題を集めている。

長崎県雲仙市の小学校で6月下旬、40代の男性教諭が休み時間にゲームをして、6年生の男子児童に「(3階教室の)窓から飛び降りてもらおうかな」と発言

市教委は先月31日付で、この教師を文書訓告にしました

⊿授業参観日に発せられた教諭の「暴言」

佐世保高1同級生殺害事件のあった長崎県。「命の教育」の見直しが指摘されるなか、雲仙市の教諭の“暴言”で騒ぎになっている

問題が起きたのは今年6月下旬。40代の男性教諭が、授業参観の道徳の授業前に3階の教室で男子児童らとゲームをしていたときのことだ

⊿教諭「先生に勝てなかったら窓から飛び降りてもらおうかな」

担任するクラスの教室で、命の大切さをテーマとし、保護者が参観する道徳の授業の直前、児童らとゲームを行い、「次は勝ちます」と言った男子児童

「もし先生に勝てなかったら、窓から飛び降りてもらおうかな。冗談だけど」と発言したという

⊿「命の教育」強化月間中の発言だった

教育週間中に行われた「命の大切さや人の優しさを教える」道徳の授業参観前の発言

約10人の保護者が訪れ、教諭と児童のやりとりを聞いていたという。

男子児童の母親が「不適切な発言ではないか」などと指摘したところ、教諭はその場でわびた上、後に校長らと自宅を訪ね、重ねて謝罪

⊿教諭は泣きながら謝罪したという

教諭は発言後も出勤しているが、落ち込んだ様子で「何であんなことを言ったのか分からない」と漏らしているという

校長らに泣いて反省の弁を述べたという。

▼問題発言を行った男性教諭の意外な過去

処分を受けたのは、雲仙市の小学校に勤務する46歳の男性教師

⊿教諭は04年に起きた「佐世保同級生女児殺害事件」の担任だった!

教師は2004年、佐世保市で小学6年の女子児童が同級生の女子児童を殺害した事件が起きたクラスの担任でした

当時、同市教委から「一人ひとりに応じた指導ができていなかった」として厳重注意を受けていた

⊿今でも事件のトラウマに苦しんでいた担任

同事件直後に約1か月入院した後も、夜中に目が覚めるなどの後遺症があり、投薬を受けていた。現在も当時のことがトラウマになり、通院していたという

市教育委員会担当者
「普通の人。これまでに暴言など、問題行動の報告を受けていません。ただ、当時の事件のトラウマを今も抱えている。心身にストレスがあり、定期的に病院に通われているようです」

▼担任に深いトラウマを残した10年前の女児殺害事件とは?

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう