1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

余った商品を買わされる?アルバイトのブラック化が深刻…

過酷な労働条件でアルバイトを強いられる「ブラックバイト」の問題が浮上しています。

更新日: 2014年08月15日

205 お気に入り 377261 view
お気に入り追加

ブラックバイトに悩む学生が増えてるらしい

いま、雇用・労働問題でホットなキーワード「ブラックバイト」

ブラックバイトは、学生であることを尊重しないアルバイトのこと。

低賃金であるにもかかわらず、正規雇用労働者並みの義務やノルマ、生活に支障をきたすほどの重労働を強いられることが多い

ブラック企業はすでに認知されているが、新たにアルバイト学生を食い物にする「ブラックアルバイト」という言葉も使われ始めている

辞めたっつってんのにバイト先から電話がかかってきて「◯日に入れない?」って言われてブラック会社の底力に恐れおのいた。断った。

ブラックバイトの実態とは・・・

「辞めたいって言ったら“代わりの人を探してこないとダメ”」「ちょくちょく残業があるけど残業代が出ない。30分~1時間だけど…」

ひどいものでは「ちゃんと賃金を払ってくれない」といったものや「ミスをすると暴力を振るう」「余った商品を買わされる」といったものまであるよう

【ブラックバイトの特徴】
・労働時間に見合った給料を支払わない
・仕事のミスに罰金を科す
・上司が怒鳴ったり暴力を振るう
・授業や試験に支障が出るような働かせ方やシフトを命じ、長時間働かせる

専門家はこのうち1つでも該当すればブラックアルバイトだと考えてよい、という。

バイト先がしょっちゅう残業代を改ざんするおかげで残業した日は退勤の時間を写真に撮る習慣がついた。

えっ…

そんな実態があり「ブラックバイトユニオン」が結成された

このような労働組合が結成されるほど、ブラックバイト問題に悩む学生が増えている。。

正社員が不足しているために、学生アルバイトが重労働などを強いられていることに対し、都内の学生を含む約20人が、労働組合「ブラックバイトユニオン」を結成

組合員がシフトを強要されたり、残業代未払いなどの問題を抱えたりした場合、企業と団体交渉するほか、組合員以外でも問題を抱える学生から幅広く相談に乗り、支援していく

ユニオン共同代表の佐藤学さんは「バイトの収入なしでは生活できない学生の事情につけこむ企業が多い」と指摘する

必要な一言は「今日で辞めます」

最もよいのはもちろん、すぐに辞めること。だが、それが簡単にできない場合、近くの労働基準監督署に相談するのも手

残業代の不払いや罰金などの労働基準法違反を申告すればアルバイト先に指導が入る。

またすぐに使える技では、見た求人広告を保存しておくこと。話が違う!と思ったときの証拠になる

自分のバイトでの活動を記録しておくことも重要。

現在、学生の五人に一人が生活費のために何らかのアルバイトをしている状況。しかも学生以外のフリーターも増えているため、アルバイトとはいえ、一つの職をめぐる競争が激化

学生たちにとっては、たとえブラックバイトであっても、“辞めたいけれど辞められない”のが実情のよう

「ここは嫌だから」といって、すぐに次のバイト先が見つかるわけではない…

1





まっしゅー5さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう