1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

富士山 世界遺産の取り消し危機!どうするゴミ問題?

富士山 世界遺産の取り消し危機!2016年2月1日まで条件をクリアしないと世界遺産取り消しになります。最大の問題点がゴミ問題。

更新日: 2014年08月17日

24 お気に入り 55244 view
お気に入り追加

富士山はゴミ問題で自然遺産から文化遺産に変更

富士山は当初、世界自然遺産として登録を目指したが、ゴミの不法投棄などによる環境悪化や開発により本来の自然が保たれていないなどの理由で、文化遺産登録に

日本政府は2016年2月1日までに、それらの条件をクリアするための具体的な報告書を提出しなければならない

世界遺産になると、保全の状況を6年ごとにユネスコの世界遺産委員会に報告して、審査(しんさ)を受けなければならない

問題が多い富士山

世界文化遺産登録により、登山者が激増し、宿泊施設の不足やトイレ等、オーバーユースの問題が深刻化

道路わきには、数多くの様々な「ポイ捨てごみ」が少なくない

昨夏は山荘付近に弁当のごみやペットボトルが散乱。「下の登山道に投げ捨てる人もいて掃除するのが大変だった」

入山料の徴収が始まった富士山

山梨県側で富士山の山開きを迎えた1日、任意の入山料千円の本格徴収が始まった。

7月1日より入山料千円

8月1日午前8時現在でまとめた山梨県側の収納状況によると、協力者4万5271人、協力金額4369万7892円となった。

この間の登山者数は7万2503人。協力率はおおむね62%で、68%だった昨年の試験期間よりもやや低調。

任意での協力率は62%と低い

入山料徴収での問題点

「入山料=ゴミ処理費用」を徴収したら、捨てることにためらいさえ、なくなるのではないか。「お金を払っているのだから…」と、開き直るやつが出てくる。

不法投棄も多い

登山客などが、富士山をめぐる課題の解決に取り組んだことにより改善されてきましたが、未だにゴミの不法投棄は続いており富士山のゴミ問題は解決されていない

今日の富士山清掃はハードだった。全身汗だく。来週からもしばらく富士山のゴミ堀が続きますが、現場で活動していてつくづく感じるのが、このままの状況を放ったらかしにしていたら、富士山の世界遺産は時間の問題で取り消しになるだうと。 pic.twitter.com/N5VO4tzY8J

こんなビニールシートも。富士山の清掃活動は肉体労働です。捨てる輩は安易にやってくれますが、掘り起こす方は大変です。くそ〜と思いながら、でもゴミを捨てる輩には負けたくない。 pic.twitter.com/gC4fPNJ1kB

ゴミ問題が解決しなければ

特にユネスコは、富士山の保護・管理について一元化された包括的な管理計画がないことを指摘しており、早急に対応しなければなりません。環境が悪化して登録が取り消された例もある。

登録取り消しの前に「危機遺産」のリスト入りが考えられる。

危機遺産入り

普遍的価値を損なうような重大な危機にさらされている世界遺産は、「危機にさらされている世界遺産リスト(危機遺産リスト)」に登録

危機遺産リストに登録されている世界遺産は44件(2014年5月現在)あります。例えば1981年に世界遺産に登録された「エルサレム旧市街とその城壁」

ごみ問題で危機遺産のイエローストーン

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう