1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「問題ない」とOKポーズ?ローラさんの父親が処分保留で釈放

海外療養費を騙し取ったとして、警視庁に詐欺容疑で逮捕されたタレントのローラさんの父親が処分保留で釈放されました。また、この処分保留とはどのような状態なのでしょうか?

更新日: 2014年08月16日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 35250 view
お気に入り追加

●タレント・ローラさんの父親が処分保留で釈放された

海外療養費を詐取したとして警視庁に詐欺容疑で逮捕されたタレントのローラさんの父親(54)について、東京地検は15日、処分保留のまま釈放した。

・午後7時20分ごろ荻窪署を後にし、待ち構える報道陣に「OK」とコメントした

父親は午後7時20分ごろ、勾留されていた警視庁荻窪署(東京都杉並区)を出た。

「OK、OK。(ローラさんにはどう報告を?)ローラ頑張ってね。パパもう大丈夫だから、何も問題しないから。OK、バーイ」と話し車に乗り込んだ。

・ローラさんの口癖のOKを連呼しながら、同署を後にしている

・取り調べに対しては容疑を否認している

警視庁の取り調べに対し「そんな事実はありませんし、私は100%関係ありません」と容疑を否認

・事件は男と共謀し、国民健康保険の海外療養費約87万円をだまし取ったとして逮捕されていた

ジュリップ氏は同国人の男と共謀し、男が同国内で入院したとする偽の診断書を東京・世田谷区役所に提出して国民健康保険の海外療養費約87万円をだまし取ったとして、先月逮捕されていた。

ジュリップ容疑者は報酬として40万円を受け取っていたという。

地検は、父親が5回にわたり計約1200万円を詐取していた疑いがあるとして、任意で捜査を続ける。

●処分保留とはどのような状態なのか?

処分保留とは、逮捕し勾留しているがまだ起訴されていない被疑者の嫌疑が十分に認められないために処分を保留します。 というものです。

ですから、処分保留とは、逮捕、勾留している被疑者を起訴するだけの十分な証拠はないが、 起訴しないという十分な理由もないので、起訴するかしないか処分は保留します。

・再び逮捕される可能性もある?

犯罪の疑いが薄いと判断して起訴を見送る「嫌疑不十分」といった不起訴処分とは違い、起訴される可能性は残されている。

起訴できる新たな証拠が見つかった場合には、再逮捕される可能性がある。

●勾留とは?

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう