1. まとめトップ
  2. カラダ

節約・ダイエットにぴったりな”しらたき”はこんなに万能な食材だった

普段、肉じゃがや鍋物にしか使わないしらたきはこんなに使える食材だった。

更新日: 2014年08月16日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1720 お気に入り 260208 view
お気に入り追加

鍋の具材だけじゃない!しらたきはダイエットレシピにぴったり

おでんや煮物の具としておなじみの「しらたき」。普段は口にすることが少ない食材だが日々の食事に取り入れることでダイエット効果が期待できる。

しらたきはヘルシー食材の定番。ダイエット中の人は取り入れたい食材の一つで、実はレシピのバリエーションも豊富。

そうめん風、焼きそば風などアレンジもしやすく、パスタソースなどで簡単に味を変えることができて飽きにくく、ほかの料理のかさ増しや食感のアクセントにも使える。

ちょっとの量でお腹が膨らむ

同じ量でも、らたきのカロリーはご飯のカロリーの5%程度しかなくダイエット食材にはぴったり。

しらたきは食物繊維が豊富なこんにゃくの一種なので、ダイエットや便秘解消にはぴったりだが、大量に食べ過ぎると腸内で水分を吸収しすぎて逆に便秘になりやすいので要注意。

しらたきは世界に愛されるミラクルヌードルだった

アメリカでは健康やダイエットに良い食品『ミラクルヌードル』として美容にもダイエットにも良いとして人気を博している。

節約レシピにも使える!

ダイエット食品といえば高価なものも多いが、しらたきは安くて手に入りやすく、財布に優しいところも魅力。

おいしく食べるための下ごしらえも簡単

しらたきを料理に使う前に大切なのは下処理。「こんにゃく臭さ」を消すだけでなく、しらたきに味をつきやすくするためにはやっておきたい。

下ごしらえは2~3分ゆでるだけでOK、味や香りなど独特の個性がないため、どんなジャンルの料理にも抜群の相性を発揮する。

肉料理のかさ増しにしらたき

ハンバーグの種に、玉ねぎと同じように細かく刻んだしらたきを入れるだけで、ヘルシーハンバーグになる。

しかも、しらたきの弾力により歯ごたえのアクセントになり、さらに冷めてもふわふわ。

ごはんのかさ増しにしらたき

ダイエットで炭水化物を減らさないといけないと思っていても、ご飯が大好きな人は多い。そんなときは細かく刻んだしらたきを白米と一緒に炊けば、おいしいしらたき入りごはんが炊ける。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう