1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

気付いたらいるアイツ!コバエはいったいどこからくるの??

きちんとフタをしてるはずなのに、なぜかゴミ箱に大量発生!なんて経験一度はした事がありませんか??一体あのコバエ達はどこから来たのでしょう...気になる発生源をまとめてみました。

更新日: 2014年08月16日

vmxmvさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
155 お気に入り 497799 view
お気に入り追加

小バエは俗名。
発生場所等によってその正体は異なります。

@OooELAICHIooO コバエってどこからくんのかな…部屋締め切っててもどっかからくるよな

パンちょっと置いてたらどこからともなくコバエが集まってる┗(⌒)(・∀・)(⌒)┛

コバエってどこから来るん? この時期嫌いよー( ;´Д`)

生ごみや熟した果物が大好きなので、台所にある三角コーナーであったり、放置されたゴミなどから発生

暗く、ジメジメしている場所に生息するという。風呂場であれば、掃除の行き届かない浴槽直下の排水溝付近が繁殖ポイント

住宅の水周りの各所で見られる『チョウバエ』は、『オオチョウバエ』と『ホシチョウバエ』の2種類

陰湿で汚れた場所にあるヘドロなどを食べて生息する

生育期間は、25℃で、卵期間1日、幼虫期間4日、蛹期間4日。寿命は1月程度で、その間に500個以上の卵を産む。

ショウジョウバエの場合・・・

成虫は羽化後4日頃から産卵を開始し、平均240個の卵を2~3回に分けて産む。27℃飼育下では、卵期2日、幼虫期は約2週間で、4齢で蛹化する。蛹期は3~4日で、成虫の寿命は2週間程度

チョウバエの場合・・・

■ショウジョウバエ

もともとは、家の外から侵入してくるのですが、放置されたゴミなどに卵を産み、幼虫がそのゴミなどを食べて大きくなり、ゴミの周りを成虫になって飛び回ると言う形で発生します

イーストを主食としているため、これによって発酵した腐植物に敏感に反応し集まり、発生源となります

■チョウバエ

湿度の高い暗所に群がり、灯火にもよく集まることが知られています

マンションなどの集合住宅では、自宅以外で繁殖した害虫が、知らず知らずのうちに住まいに入り込んでくるケースが多く見られます

キッチンやお風呂場の排水口や、さらに奥の下水管などから発生します

卵は、汚れた水に浮かんでいるヘドロに産み付けられます

1 2





vmxmvさん

ガールズ系が多いですが
日頃気になった事や
興味のあるものを
まとめていきますʕ•ӫ̫͡•ʔ

お気に入りして下さった方
ありがとうございます♫`



  • 話題の動画をまとめよう