1. まとめトップ
  2. 雑学

野球界で注目の奥義!自然を味方につける『太陽安打』って一体!?

「太陽安打」ってご存知だろうか?野球に詳しい方はこの不運が理解できるのでは?不運の最大の敵は自然と人工の両方にあったんです!

更新日: 2014年08月18日

4 お気に入り 9564 view
お気に入り追加

▼『太陽安打』って何?

太陽光や照明の光の影響で目測を誤り、落下地点に入ることも十分な捕球姿勢を取ることもできなかった

失策が記録されない主なケース
太陽光や照明が視界に入り打球を見失って、打球に触れることができなかった場合。

▼太陽安打の瞬間

▼野手における太陽安打の対策とは

フライが太陽と重なったときは、顔の前にグラブを出して光線を遮ります。グラブの横か下から打球を見ながら追いかけて捕ります。

太陽のド真ん中に打球が入ったら、手で目を被っても捕球できない。余裕があるなら体の向きを斜めにし、太陽が直接目に入らないようにする。

(1)守備についたときに一度太陽を見て、どのようなフライが太陽と重なるかを予想しておく
 (2)少し斜めからボールを見る
 (3)グラブで光線を遮りながら捕る

サングラスを用意していれば、審判に許可を得てサングラスをかけることもできる

▼球状における太陽安打の対策とは

グラウンドの方角については、野手が長時間南側を向いて守備し、直射日光を受けねばならないことを考慮して、公認野球規則の規定を敢えて無視し、本塁から投手板を経て二塁に向かう線を南向きにする球場が多く見られる

太陽の位置を考慮しない球場の向きだったとしたら、夏の甲子園で球児たちは直射日光でエラーしまくりです。

▼太陽安打で試合が決まってしまった不運

小学6年生の父親です。春の大会で息子がフライを落として負けました。ボールが太陽と重なったからです。
 (横浜市 T・Cさん・36歳)

マリナーズのイチロー外野手(37)が魔物に魅入られた。1日(日本時間2日)のレッドソックス戦の9回、太陽と重なった飛球を見失うアクシデント。捕球できずに三塁打としてしまい、その後のサヨナラ負けにつなげてしまった。

1978年10月2日、レッドソックス―ヤンキースのワンゲーム・プレーオフ。5―4とヤ軍リードで迎えた9回裏の1死一塁。ヤ軍の右翼手ルー・ピネラ(前カブス監督)は西日で打球を完全に見失った。しかし、あたかも普通に捕れるように演技して手前でバウンドしたボールを、必死で押さえて走者は二塁止まり。後続を抑えて勝利したヤ軍

由伸、すごーーくたまに"照明が目に入った"落球をやってしまうのは……

照明とボールが重なって落球か マートンもだけど、秋山が一番気の毒だな

エラーじゃないんだ~。照明が目に入ったんじゃと。 梵、3点タイムリーツーベースヒット! !よっしゃ!よっしゃ!よっしゃ

1 2





captain-masonさん

日常の雑学や、ちょっとした工夫を紹介していきます。
社会情勢にあわせた新鮮な情報提供を心がけております。



  • 話題の動画をまとめよう