1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知ってる?産後に来るかもしれないガルガル期

産後、人に子どもを触らせたくない。こんな悩みを持つままは少なくありません。動物なら誰にでも起こりうる子どもを守ろうとする本能「ガルガル期」についてまとめました。

更新日: 2015年01月01日

放送局003さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
402 お気に入り 397602 view
お気に入り追加

「ガルガル期」ってなに?

産後、身体にあらわれる症状としては白髪や抜け毛が増えたり、シミ、乾燥、湿疹や痒みなどの肌トラブルといったことがあります。それから精神的なものとしてはイライラして攻撃的になることや産後うつといったことが典型的な症状です。

“産後のガルガル期”とは、動物の母親が出産後に子どもを守るため、気性が荒くなることになぞらえて、ママたちが使うネットスラングです。

産後の女性は、赤ちゃんを守ることに必死です。
そのため、他人に対して攻撃的になったり、イライラしやすくなったりします。
これは動物の本能ともいうべきもので、出産した女性なら誰でも心あたりがあるもの。

赤ちゃんを他人に触られるのが嫌に

不安でしかたがない、または、赤ちゃんを他の人に触られたくないなどなど、人によっていろんな気持ちが、短時間で激しく変化したりします。

子供が周りの大人に抱っこされたり世話をされるのも嫌がり、(抱っこしているのが旦那さんや実親であっても。)さらに母性本能から、旦那さんに触られるのも嫌がる女性もいます。

お姑さんが赤ちゃんを抱っこしているのを見るだけでも嫌悪感をおぼえ、イライラするこの時期は、たとえ本当に善意でお姑さんが手伝いを申し入れてくれたとしても、ママはその善意を善意として受け取れないのです。

主人が週末になると赤ちゃんの面倒を見てくれるのですが 月に1回は赤ちゃんと二人で義実家に連れて行きます。
私はその間フリーになれるのですが、はっきりいってムカつきます。旦那にそれを言うと「理由は?」と聞かれるのですが嫌なものは嫌なんです。

@GP2S @usawomayu ガルガル期… ずっと抱っこされてモヤモヤするのは そういうことなんかな((((;゚;Д;゚;)))) なんか義母さんがあやして泣き止んだりすると なんかすごい切なくなる(∩´﹏`∩) ガルルガ期とかもう末期(´°ω°`)

@matan810x あとね…きっとガルガル期なんだよ。 赤ちゃん産んだばかりで、自分の本当に心を許した人以外に触ってほしくなくなったりするもんだよ。 ホルモンのせいだよ… 私も、あったよ。その感情… 長いと1年位続くから、一人で抱え込まないようにね。

独占欲強いかって聞かれるとあれよな 普段別にそんなんないけど たまにめっちゃ独占欲でて触れるな触るな近寄んなワシのじゃボケー!!!ってなる(ガルガル期)

神経質なのかガルガル期が継続しているのか、息子の世話がしたい?どうぞどうぞお願いします!って思えない…。息子のためには可愛がってもらった方がいいんだよなー。

ママの心理

全部の母親がそうではないけど、これは理屈で片付けられない。
今振り返ると、理屈抜きの子供を守る本能が原因かなと思う。

「わたしから赤ちゃんを奪うつもり?」みたいな感情が沸いてしまいます。

自己嫌悪に陥るママが多い

子供を触られたくない、預けたくない、という気持ちが強く悩んでいます。 他人だけではなく、義両親、実両親にすら。 産後そういう気持ちになるのは聞いたことがありますが、一向に落ち着きません…

私は自分の頭がおかしい!と思い込んでしまい(義親に子供を抱かせたくないと、思うなんて・・・)きっと私の頭がおかしいんだ!と思い精神科にも少し通った事もありました。

母親が子どもを守ろうとする本能

動物の習性なんですが出産した我が子を外部の者に触らせたく無い現象が突発的に働くんですね。
なので例え自分の両親や兄弟でさえ嫌悪感を抱いてしまうとか。下手すればご主人にも触らせたく無いなんて人も居るとか。

初めての子育てに、続く出血や眠れないなど体力の消耗などでイライラするもの。それだけでなく、以前より攻撃的になり、旦那や実の両親、今までは本音を言えなかった義両親とまでケンカが増えたという人が多いのです。「命をかけて赤ちゃんを守ろう」という野生の本能によるもの。

ホルモンバランスが原因

これは自分のせいではなくて、ホルモンバランスのせいです。時間がたてば、気分がかわったり落ち着いたりします。

妊娠をすると、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加します。これは、赤ちゃんが成長しやすいように子宮内の状態を整えて胎盤を完成させるためで、流産を防いでくれます。このようにプロゲステロンは妊娠初期には非常に重要な役割を果たします。

もうひとつの女性ホルモンのエストロゲン、こちらも妊娠を継続させるために胎児の成長にあわせて子宮を大きくしたり、母乳を作る準備として乳房の中に張り巡らせている乳腺を発達させます。

産後はこの妊娠中に大量に分泌されていたプロゲステロンとエストロゲンが一気に減少するのでここでもまたホルモンバランスの大きな変動の影響を受けて心身にトラブルが発生する

1 2





放送局003さん

いろんな情報をおとどけしていこうとおもいます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう