1. まとめトップ
  2. カラダ

肌の疲れが出やすい夏の終わりは「HSP」で問題解決!

夏の間中、紫外線をずーっと浴びていたお肌は、荒れに荒れまくっているけど、「HSP」で肌トラブルも解決できちゃう♪ところで「HSP」って何だろう??

更新日: 2014年08月17日

155 お気に入り 55130 view
お気に入り追加

夏の終わりは老けて見える!?

疲れが目立つ夏の終わりのお肌。女性にとって、お肌の健康を守ることは美容面でも重要な課題

「1年で1番お肌の老いを感じるのはいつですか?」という質問に対して、約3割の女性が夏の終わりにお肌の危機感を感じている

オルビス株式会社の「女性の見た目年齢に関する意識調査」

夏の間には、紫外線だけでなく、冷房による乾燥や体の冷えなど、気がつかないところで大きなダメージを受けている

夏の紫外線で角質が厚くなってる

肌を触るとゴワゴワしている、顔全体がくすんでいる。もしかしたら、それは夏の紫外線ダメージが原因で角層が厚くなっている

肌のハリや弾力を守るコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうため、肌のハリや弾力が失われシミやシワ、乾燥などの原因となる

タ-ンオーバーも乱れるため、肌もゴワつく

そのうえ、冷房による乾燥や体の冷えなど、気がつかないところで大きなダメージを受けている可能性も

夏の肌荒れは「HSP」で解決!

ヒートショックプロテインの略語で、紫外線などによって傷つけられた細胞を修復してくれるタンパク質のこと

普段聞き慣れない言葉だが、実は、肌の老いを防ぐ、重要な物質

加圧や低酸素など体に少しのストレスをかけると、HSPは増える。中でも一番効果的なのが、”体を温める”こと

増量を促す温度は40〜42℃。私たちが毎日入るお風呂の温度とちょうど同じくらい

もちろん日頃のスキンケアも重要

ひと夏を過ごした肌のターンオーバーはリズムを崩しがち

角質ケアの第一歩は洗顔だが、、この時季はスペシャルケアとして角質ケア用の洗顔アイテムを取り入れることをオススメする

また、日焼け止めや皮脂などに強いファンデーションが肌に残ってしまうと毛穴が目立つ原因になるので、クレンジングはしっかり!

夏にオススメなのはやはり洗浄力の高いオイルクレンジング。油分でできたファンデは油分で浮かせて落とす

皮膚が上手く入れ替わるためには十分な睡眠も必要。できる限り睡眠不足を避け、その日の疲れはその日のうちに取るようにする

1





ちゃくらむさん



  • 話題の動画をまとめよう