1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

海外でも大人気『日本酒』。オーストラリアへの輸出額が5年で2倍!!

日本の代表であるお酒・日本酒実は世界的に日本酒の人気は高く輸出額では100億越え!さらには近年オーストラリアでの人気がとても高まっているのです。実に深みのある日本酒=JapaneseSakeをまとめてみました

更新日: 2014年08月18日

ShintaatnihSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 42590 view
お気に入り追加

世界中で人気の日本酒!

フルーティーだったり、すっきりしてたり
辛味があったりなどなど海外でも日本酒のおいしさは伝わっているんです

最近は「Saké」「Rice wine」などと呼ばれ、テーブルに日本酒が並ぶ機会が増えている。

関税がかかることから価格は高めなんだそうです

寿司をはじめとする和食ブームがその大きな牽引力になっているが、日本酒は欧米の食文化そのものにも溶け込みつつあるようだ。

なかでも近年、日本酒の人気を集めているのがオーストラリア!

日本の誇る日本酒が海外で人気を博しているのは
うれしいことですね!

世界的な日本食人気を背景に去年、日本酒の輸出額が過去最高になりました。そしていま、アメリカなどに代わる成長市場として最も注目されているのがオーストラリアです。

なんとなくオーストラリアって酒豪が多そう

世界的な日本食ブームが追い風となり、去年、日本酒の輸出額は初めて100億円を突破。アメリカや香港、韓国などにはまだ及ばないものの、オーストラリアへの輸出額はここ5年で2.2倍に急増しているのです。

日本酒人気は、オーストラリアを代表する料理人として知られる和久田哲也さん(シドニーにある「テツヤズ」オーナー・シェフ)の功績によるところも大きい。

日本酒ブームのきっかけを作った『和久田哲也』

やっぱり大きな流れを作った功労者がしっかりいるんです

早くから日本の伝統的な酒蔵の銘酒をオーストラリアに紹介してきた。会席料理風の十数品からなるフレンチ・ジャパニーズのコース料理に日本酒を導入したり、日本の酒蔵から人を招いて試飲会を開くなどした。

酒蔵の職人を囲んだ試飲会を開催するなど日本酒の普及に貢献、2007年には日本酒造青年協議会から「酒サムライ」の称号を授与されている。

そんな人気の日本酒、海外ではワイングラスで飲むのが主流のようです

日本酒というと『おちょこ』や『枡』のイメージが強いですよね

和と洋の融合って素敵に思えます

ワイングラスはその形状から、日本の伝統的な酒器ではつかみきれなかった繊細な香りまでも感じさせてくれます。また、底面まで見えるグラス形状により、微妙な色付きや粘性をも感じられるようになったのです。

さらには日本酒とチーズの相性が最高らしく納得の理由もあるんです

チーズと合うお酒といえばワインと思ってましたが
意外にも日本酒でもおいしいみたいです

適当に選んだチーズをつまみにこれまた適当に選んだ日本酒を飲む あれ意外といける?

チーズと日本酒って合うよね。ミモレット、チェダー、パルミジャーノ・レッジャーノ、ブルーチーズ…

同じくカビを使って醸す日本酒・焼酎であれば、 無理なく「おいしさの同調」を体感できる。

チーズも日本酒・焼酎も乳酸菌が関与する食品。同じ乳酸菌同士の風味は、自然に「「おいしいハーモニーを奏でてくれる。

基本的に日本酒は米を発酵させて造る発酵食品。同じく乳酸を発酵させて造られるチーズとは好相性なのです。更に日本酒はアミノ酸を主体とした旨味成分が強いのでチーズのクセも上手く取り入れてくれます。

1





ShintaatnihSさん

こんにちは!
気になったけどつい忘れちゃうようなことなんかをどんどんまとめていきます

雑学的な豆知識として役立つようなものを作っていきますので
見てってください♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう