1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「スローボール論争」にダルが参戦!西嶋投手の”想い”を代弁する

現在熱戦が繰り広げられている夏の甲子園。この甲子園に出場する東海大四高の西嶋亮太投手が投げたスローボールに対し、元アナウンサーが苦言を呈したことが大きな論争を巻き起こしています。そんな中、ついにダルビッシュ投手も論争に参戦。この元アナに対し、西嶋投手の「思い」について代弁しました。

更新日: 2014年08月18日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
39 お気に入り 110854 view
お気に入り追加

▼高校生の「魔球」がダルを巻き込んでの大論争に発展?

身長168センチ、体重59キロと甲子園出場投手の中では、小柄な体格の西嶋投手。そんな体から繰り出される「計測不能」の魔球が大きな話題を呼んでいる。

現在、話題になっている東海大四高(南北海道)の西嶋亮太投手が投げた推定50キロの超スローボールについてコメントした

西嶋投手の超スローボールには、某元アナウンサーが自身のツイッターで批判するなど、是非を巡って議論が起こっていた

▼「魔球」を駆使して優勝候補をなぎ倒した西嶋投手

第4日(14日)の第2試合で強烈な光を放ったのは、九州のドラフト1位候補ではなく、北の“魔術師”だった

話題の魔球は、山なりの放物線を描くため、テレビの放送フレームからも一瞬消え、満員の甲子園スタンドを「おー」と沸かせた

天に向かうように放った超スローボールが、ふわふわと捕手のミットに収まると判定はボールながら割れんばかりの大歓声が起こった

⊿並み居るドラフト候補を手玉に取った

プロ注目の強打者が並ぶ九州国際大付(福岡)を緩急で翻弄(ほんろう)し、12奪三振の5安打1失点完投で勝利に導いた

西嶋亮太投手
「盛り上がるのは分かっていました。いい打者なので、雰囲気を変えて球場全体を味方にするにはちょうどいい」

▼そんな西嶋投手の魔球に元アナウンサーが噛みついた

Photo by BananaStock / BananaStock

元フジテレビの男性アナウンサーが14日、ツイッターで西嶋の超遅球に関して「少なくとも、投球術とは呼びたくない。意地でも」などとつぶやき、ネット上では大論争

⊿あまりの反響に釈明に転じた元アナウンサーだったが…

「投球術」と呼びたくないと発言された方は、おそらく「高校生らしく」正面から正々堂々と戦うべきだという発想からそうしたことを述べられたのかと思います

岩佐さんはこれに対し、「ウへ、恐ろしい。袋叩きに遭ってる。攻撃してるわけじゃなくて、こういうのはやだねえ・・・と、感想を述べてるだけなんだが。」 と弁解したもののネット上でもなかなか騒ぎは収まらなかった

▼実際専門家はこの魔球をどう見ているのか?

Photo by Siri Stafford / Digital Vision

元朝日新聞記者でスポーツジャーナリストの岡田忠さん
「遊び心で使っていると思いますから、それを深読みしたり、分析しようとしても意味がないことだと思います」

⊿一方で難しい球、頭を使った投球だという声も

瀬戸内高校で長らく監督を務めた後原富氏
「確かに教育の実践の場としての高校野球で、“ああいうボール”を使うことが果たしていいのか悪いのかという議論はあるだろう。野球は、頭を使った化かし合いのスポーツ。個人的には大賛成」

元阪神のチーフスコアラーの三宅博さん
「よほどのコントロールがないと難しい。だからプロの世界でも投げられるピッチャーは限られていたが、打者の次のボールへ錯覚を起こすことができて崩すきっかけになるボール」

▼そしてついに「高校野球オタ」ダルビッシュ投手も論争に参戦!

1 2





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう