1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アメリカで犬の市長が誕生!案外、人間より動物の方がいいかも!?

アメリカのミネソタ州で犬の市長が誕生!かつてはアラスカ州でも猫の市長が誕生しており、動物市長は案外人気!

更新日: 2014年08月19日

yuyu170823さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 24973 view
お気に入り追加

米ミネソタ州でなんと犬の市長が誕生した

市長となった7歳の犬のデュークは、そのほかの人間の候補者に50パーセント以上の得票差をつけて同市の名誉市長に当選した

今回のニュースに大喜びの同市の住民たちは、デュークがコミュニティをより安全な場所にしてくれていると感じているようだ。

地元住民の1人は「デュークは圧勝でした。でもこの注目にどう対応していいか分からないようですね」とコメントしている。

以前は米アラスカ州で猫が市長に当選

米国アラスカ州にあるタルキトン市委員会は、すでに15年にわたってスタッブスという名 で知られる猫が行政を担当している。

15年前の選挙で、出馬した候補者を気に入らなかった住民たちが、ジョークのつもりで投票用紙にスタッブスの名前を記入

猫市長のおかげで観光客は増加、毎夏数千人の人々がこの猫を見ようとやってくる

海外で話題を呼んだといえばダース・ベイダー卿の立候補(大統領選と市長選)・・・海外はユニーク

2014年2月、世界で一番有名な悪役と言っても過言ではない、あの『スター・ウォーズ』のダース・ベイダー卿が、ウクライナの次期大統領選に出馬

ベイダー卿は、ウクライナ国内で派手なパフォーマンスで知られるのインターネット党の立候補者として出馬した

大統領立候補の公約は「デススターを作り国境を取り返す」

しかし、ウクライナの中央選挙管理委員会は、ベイダー氏の申請書類の一部に「問題がある」と述べ、偽造された書類があり、本人確認が難しいと断じた。

ベイダー卿は選管の決定に異議を唱えたが、選管の決定は変わらなかった。

ベイダー卿はこれまで、ヨーダと帝国軍兵士が混在する「超党派チーム」を結成して、ハリケーン後の片付け作業を手伝ったほか、地元の交通問題に取り組んだりしてきた。

出典wired.jp

子供が喜ぶ活動ならアリだと思います。

日本でも滋賀県湖南市に仮想市の「こにゃん市」というものがある

長いひげがチャームポイント。県動物保護管理センター(湖南市)にいたところを現在の飼い主である園田めぐみさんに引き取られた。

ニャニフェスト(公約)は「湖南市をチョー有名にするニャよ」。

2011年、滋賀県湖南市のPRと動物愛護の啓発のために誕生した「こにゃん市」

湖南市→こなんし→こにゃんし→こにゃん市
というダジャレ的発想から、町おこしと動物愛護の目的で誕生した

インターネット上の仮想都市「こにゃん市」の市長選挙が行われ、初代こにゃん市長に「 ぎん」、副市長に「にゃんちゅう」が選ばれました

湖南市には捨てられたり、飼育できずに預けられたりした犬猫を収容する 県動物保護管理センターがあり、毎年千匹以上を殺処分している。

1 2





yuyu170823さん

「ドラマ」関連のまとめを主に、芸能・スポーツ・社会ニュース・健康関連までまとめています



  • 話題の動画をまとめよう