1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

何これ....ファッションショーから変わった服を集めてみた

パリコレ、東京コレクションからコムデギャルソン、アンリアレイジ、リトゥンアフターワーズ、モスキーノ、アンダーカバー、キューンなど一風変わった服を集めてみました。

更新日: 2015年12月24日

plutocharonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
94 お気に入り 92051 view
お気に入り追加

太陽の光で色が変わる服

「ANREALAGE(アンリアレイジ)」が2013-14年秋冬コレクションを発表した。「COLOR」をテーマに、光を浴びると白から様々な色に変わる服を発表。「形と同様、色も変化するので絶対的ではない」と話すデザイナー森永邦彦は今季、色を壊すことを試みたという。

これは、太陽光に反応して分子構造が変わるフォトクロミックという化合物を染料や糸に含ませているため。フォトクロミックは、紫外線チェッカーや色の変わるサングラスなどに使われるもので、屋外で紫外線を浴びると服に色が現れ、室内の蛍光灯の下では白に戻る。

どうみてもマクドナルド....

イタリアのファッションブランド『モスキーノ』が発表した、2014年-2015年秋冬ウィメンズコレクション。颯爽と登場したモデルたちに目をやった瞬間飛び込んできたのは、おなじみのあの「M」マーク。レッドとイエローのコントラストが眩しいコレは、コレはもしや…...マクドナルドやないか~!

まるで大手ファストフード店の店員のような赤と黄色のカラーパレットでまとめられたスタイルが多く登場。また、牛の柄で統一されたワンピースやジャケットスタイル、ポテトやジュースなどを模したバッグが目を惹く。

高級ファッションブランド モスキーノ(Moschino)が披露したマクドナルド風のカプセルコレクションが、話題になっている。セーターやiPhoneケースは2週間で完売となり、現在はバッグなども完売となっている。

これはどう見てもマクドナルドw

バルサンがモチーフの服

キューン(CUNE)が2014-15年秋冬コレクションを発表した。今回はおなじみの殺虫剤、バルサンにフィーチャーした、ユニークなアイテムが揃う。

バルサンロゴは文字の大きさを変え、スーツやコートを覆う。ボンデージパンツには前キルトにプリントされ、パンクスピリットなどあったものではない。

中にはバルサンを足元に置いた後、楽に腰を伸ばせるように、腰のサポーターの機械を背負ったマネキンまで登場。とことんバルサンの殺虫剤の世界感に入り込めるようになっている。

なにこれ...服なのか

リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)が、7番目となる2013年春夏コレクションを発表した。タイトルは「THE SEVEN GODS - clothes from chaos - 」。

1 2 3 4





ファッション、文学、哲学が好きです。ファッション、文学、現代アート系のまとめを書いていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう