1. まとめトップ
  2. 雑学

銀紙食べたら「キーン!!」ってなる理由知ってる??

おにぎりやチョコレート等を食べている時、皆さん一度は経験あるのではないでしょうか。アルミホイルを噛んでしまって「キーン!!」ってなるあれ...。電池!?実験!?実は聞くと、結構怖い理由があったのです。

更新日: 2014年10月08日

vmxmvさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
74 お気に入り 70158 view
お気に入り追加

様々な料理で活躍する銀紙こと「アルミホイル」!

アルミホイルとは??

アルミニウムを厚さ0.2mm〜0.006mmまで圧延で薄く伸ばしたものをアルミ箔=アルミホイルと言う

家庭用ホイルでは0.015mm-0.02mmの厚さのものが販売されている

実はその痛みは、金属間に電流が流れることでおこっており、この電流のことを『ガルバニー電流』や、『ガルバニック電流』といいます

異なる金属によって起こる電流ということは口の中で電池ができあがっている

■口の中の金属とは?

金属製の詰め物や被せ歯がセットしてある人はこのガルバニ電流が生じることがあります

金属が錆びるのを促進してしまうため、口腔内の金属はなるべく同じ種類のものに統一したほうが良いと考えられています

金歯と銀歯の両方が口の中にある場合、常に電流が流れている事になるので、大変危険ですね。

■アルミホイル以外の金属でも...

フォークやスプーンなどの金属食器、
中には、缶ジュースを口につけただけでも
感じるという人もいるそうです。

(参考:奥歯でアルミホイルをかむとなんで痛くなるの?)

■人体への影響はないのか?

アルミニウムがあたかもカルシウムのように働くことで様々な支障が出てきます

アルミニウムは特殊な例をのぞくと毒性は問題ない。アルツハイマーとも無関係

摂取しても吸収される量は微量で、ほとんどはそのまま排出される

1





vmxmvさん

ガールズ系が多いですが
日頃気になった事や
興味のあるものを
まとめていきますʕ•ӫ̫͡•ʔ

お気に入りして下さった方
ありがとうございます♫`



  • 話題の動画をまとめよう