1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ズルく立ち回った方が得では…やっぱり 「いい人」 が得をする理由

正直者は損をする…と思うことがあるかもしれません。確かに、正直者が損をすることはあります。しかし、長い目で見た時はどうでしょうか?まわりから信頼され、良い人間関係を築けるのは「いい人」なのです。

更新日: 2014年10月04日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
909 お気に入り 162939 view
お気に入り追加

▼ 「 真面目でいい人 」 は、 ❝ 損 ❞ をすると考える人が多い…

もちろん、要領だけでなくそれなりに努力してる人もいるかもしれませんが、社会の人や目上の人って何を見てるんだろうって思って・

真面目な人はバカにされる…そう思ってしまうと間違うかもしれない

真面目な人はバカにされ、相手にされなくなる。真面目さより、不真面目さ。真面目さより、テキトーさ。真面目はダサい、悪いのはカッコいい。真面目だった青年が、無理やり不真面目に振舞うように…

▼ 確かに、いい人が 「 損 」 をすることはある ※特に短期間では

短期的には、正直なタイプの人が 「 損 」 をすることはあります・

「囚人のジレンマ」ゲームでも、「1回勝負」であれば、裏切らないタイプが負ける可能性が高い。しかし、何度も何度も戦うことになれば、「 裏切らないタイプ 」が勝つ。人間社会でも同じですよね

▼ 長い目でみれば、「 帳尻が合う 」 ことになる ※長期で考える…

長い目で見れば、ちゃんと「 帳尻が合う 」ようにできています

要領よく、都合よく生きる人が、その場をやり過ごした成功者のように扱われますが、長い目で見ると、絶対そんな事はありませんよね

長く付き合っていくと、悪い人は信頼を失い、ソンをする可能性が高くなる。一方、いい人は信頼を得て、トクをする可能性が高くなる

正直者をバカにしていた野心家はどうしているかといえば、策士策に溺れるの言葉通り、残念ながら挫折しダウン、パッとしていません

長いタームで見れば、正直者タイプの人が成功していることがわかる

なんと、あの正直者タイプの人たちは、みんな社会の第一線で活躍しているではありませんか。みんな人から厚く信頼され、そして今もあのころの理想キラキラを胸に、少しもブレずに人生を生きています

▼ 何も言わなくても、見ている人は必ずいるから ※誰かが見ている

あるときは不遇な状態だったとしても、一生懸命ひたむきに、そして誠実にやっていればキラキラ、世の中はそう悪いようにはしないと

社会は意外に公正キラキラなんだと思います。「正直者が馬鹿を見る」という言い方がありますが、決してそんなことはないと思います

ずるい行為は人の記憶に残りやすい…後からツケが回ってくることに

ずるい事して、その時は上手くいっても、どこかで信用を落としていたり、後からつけが回ってきます。あなたの真面目さを、見守っている人がきっといます。あなた自身も、ずるするのは良心がとがめる

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう