1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

謎名物「名古屋めし台湾ラーメンアメリカン」を問い詰めたい

5・7・5で名古屋の混沌の食文化をあまさず表現しやがって…

更新日: 2014年08月21日

kimisiroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
116 お気に入り 123048 view
お気に入り追加

この一枚の画像が俺の心に突き刺さる

名古屋名物台湾ラーメンアメリカンの話かな?

名古屋には「名古屋めし台湾ラーメンアメリカン」というアクロバティックなネーミングのカップ麺があってですね…

名古屋に台湾にアメリカンとは、いったいなんなのよといったカップメン。同じ日本にありながら、他地域には理解できないこの感覚はさすがは名古屋というべきか。176円

いやw値段とかいいからww

名古屋名物台湾ラーメンアメリカンとは何なのか

ほんと何なの

「台湾ラーメンは」由緒正しい名古屋名物

せっかくの名古屋ですので。名古屋名物、台湾ラーメンアメリカンをいただきます。店員さん注文時の復唱に「アメリカひとつですね」と言っていました。もうワケがわからないですがたぶん名古屋名物のはずです。 pic.twitter.com/LsvnjuukYW

台湾ラーメンは、主に中京圏の中華料理店・台湾料理店にて供されるラーメンの一種。具材をトウガラシで辛く味付けして炒める醤油ニンニク味。名古屋がその発祥で、名古屋めしの一種とされる

もうこの時点でかなりおかしい

この手の名物は大体が「いや、本家はウチだ」と言い張るところが出てきてモメたりするものですが、こと台湾ラーメンに関しては、「味仙」が揺るぎない歴史的事実として浸透しています

名古屋の名店「中国台湾料理店:味仙(みせん)」ラーメン

1970年台に、同店の主人の郭明優さんが台湾で小皿に盛って食べる「担仔(たんつー)麺」を激辛にアレンジして出したのが最初で、郭さんが台湾出身であることから台湾ラーメンと命名した

そんなw

屋台で食べるような軽食「小吃」の一つだ

もともとは従業員用のまかない料理だったが、これを常連さんに出したところ好評で、メニューに加えることに。そして、80年代の激辛ブームを追い風に、一気にブレイク

台湾には台湾ラーメンと呼ばれるものも、これと同じ料理も存在しないが、台湾ラーメンこそ「名古屋ラーメン」として、名古屋だけでポピュラーになっている

もう台湾なんだか名古屋なんだか何なんだかw

台湾ラーメンアメリカンで。 pic.twitter.com/km6IeQSgg6

あ。だんだん美味しそうに見えてきた

元になった「担仔(たんつー)麺」とはこんな料理

日本語では「たんつーめん」、中国語では「ダンザイミェン」、台湾語では「ターアーミー」と発音するこの料理は、台南発祥の料理で、由来は清朝まで遡る

豚ひき肉、肉団子、にんにく、エビ、豆腐などをさっと炒めてから、鶏ガラと醤油のスープを張って、麺を入れ、パクチーとネギ、お好みで卵を添えるあっさりとした麺料理だ

通化夜市のオススメ店「趙時機台南擔仔麵」だそうです。南国っぽくっていい雰囲気

で、問題の「アメリカン」とは…?

台湾ラーメンはかなり辛い。そこで辛さが苦手な人は、台湾ラーメンを注文するときに「アメリカン」でお願いすると、辛さが薄まった台湾ラーメンがでてくるんです

コーヒーかw

こっちが通常の「味仙台湾ラーメン」。画像からだけでも「アメリカン」は辛味部分を相当手加減してもらえているのが分かる

―アメリカンって言葉は、そういう使い方が正しいのか?

いや、もう、わかんない

逆に辛い物が得意な方には、通常の台湾ラーメンの約3倍の辛さの激辛バージョン。台湾ラーメンイタリアンが存在します

1 2





kimisiroさん

目玉焼きが好きすぎて…コレステロール値がヤバイ



  • 話題の動画をまとめよう