1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

軍隊vs市民?アメリカで起きてるデモの光景が異常

何だかすごいことになってしまってるみたいです。

更新日: 2014年08月21日

Alimeroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 53214 view
お気に入り追加

アメリカで起きているデモの光景が凄い…

といっても怖そうな人たちがちらほら

よーく見ると車に「POLICE(警察)」と書かれている

アメリカのミズーリ州で黒人少年が警察に射殺されて抗議デモが発生し、20日までにデモの逮捕者らがのべ100人に達した

そこから全世界に配信された写真で最も印象的なのは、射殺に対する抗議デモでも暴動でもなく、市民と対峙した警官隊の姿だ

警察は特に危険に直面しているわけではなく、市民を保護対象として扱うというよりは、まるで占領民のように扱っている

Small town police look like this now? /via nytimes.com/2014/08/14/us/… pic.twitter.com/FejjYIbXJR

小さな街の警察が今こんな感じなの?戦車まで出てるし…

Officer suspended for pointing semi-automatic rifle at 'peaceful' protester ksat.tv/1trIm5o #KSATnews pic.twitter.com/Mt8Ryv6VUD

写真はデモ隊にセミオートマチックのライフルを向ける警察官

Iraq or Missouri?: Images of the military-style crackdown in Ferguson: bit.ly/1tgZt9O pic.twitter.com/R2zRJsmZ8K

ここはイラクなのか?ミズーリ州なのか?警察が軍用トラックで移動している

なんでここまで大きくなってるのか?

射殺された背景が色々複雑そう…

アメリカ中西部のミズーリ州で8月9日に、黒人少年マイケル・ブラウンさん(18)が丸腰であるにもかかわらず郡の警察官に射殺された

ブラウンさんがパトカー内で警官から拳銃を奪おうとしたので、車内で一発発砲し、その後、警官が車外に出たあと複数回撃たれ死亡

しかし、住民の目撃証言によれば、少年は両手を上げて無抵抗だったといい、互いの証言が食い違う結果に

人種差別なのか…連日デモが猛抗議

住人の大半が黒人であるにも関わらず、黒人の警察職員は53人中3人。今回の事件の背景には、人種差別があるという声も

連日デモ隊は「正義がない、平和もない」「手を挙げていたのに、射殺するな」と繰り返し叫びながら、ひたすら歩く

ブラウンさんの殺害事件を受け、今ではアメリカ全土で、警察の暴力的な対応に対する抗議運動が起こっています

黒人のオバマ大統領もこの件にコメント

「怒りにまかせて略奪をしたり銃を持ち歩いたり、ましてや警察を攻撃したりするような行為は、緊張を高め混乱をあおるばかりだ」

オバマ氏の対応もあってか、現地では少しづつ状況が落ち着いてきているそう

現在は司法長官が現地入りしており、今後は、FBIの捜査員や司法省の検事などから話を聞いて、真相の究明に向けた捜査を進める

1





Alimeroさん

面白いものにピックつけていきたいと思います☆



  • 話題の動画をまとめよう