1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

バカ正直はもうやめよう…人生で「損」をする真面目でいい人の特徴

人生においては損をするタイプの「真面目でいい人」がいます。彼(女)らには特徴がありますので、自分がそれに当てはまると思えば、改善することが必要になります。

更新日: 2016年09月23日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
883 お気に入り 388430 view
お気に入り追加

▼ 残念ながら、「 正直者が馬鹿を見る 」 ケースはよくあること

何の努力もせずに、要領が良ければ少しの悪態があっても認められて、真面目に働き嘘はつかず正直者は何の評価もされないってこと・

相手次第では、正直に優しくするとそこに付け込まれることになる…

優しくするとそこに付け込まれて大変な思いをするし、事故にあった時だって双方に過失があったのに相手を思いやって謝罪したからあなたは謝罪して自分の過失を認めたんでしょと損害賠償を請求される

▼ 他人を無防備に信用してしまう ※他人に対する警戒心が薄い…

“ いい人 ” は、他人も自分と同じくらい善良な人間だと思いがち・

スキあらば相手を出し抜こうと虎視眈々な輩が少なからずいるもの

重度のお人よしだと、痛い目を見てもなお「たまたま運が悪かった」などと反省しないので、ますます悪い人につけこまれることも・

誰に対しても優しく疑うようなことをしない善人が多いのも事実。また同じように信じては裏切られ、それを繰り返してしまう傾向に・

「信じて裏切られてしまうことが多々」ある。「多々ある・・・」という部分に、「真面目すぎる人」の特徴が現れている、と思います

▼ 「 ノー 」と言うことができない ※依頼を断ることができない…

いつも相手の意見に合わせて、自分の主張をグッと押し込めます

言いたい事があっても我慢してしまうし、頼まれると断れません

話す時も、それ以上言ったら相手が傷つくと思い遠慮がちに話し・

自分よりも他人を優先します。優しい人は、あまり自己主張をしません。それによって相手が傷つくことが、気の毒に思えて仕方がない

他人から何か頼まれると、やりたくなくても断れない・受けてしまう

頼まれると断れない事が多く、断ったにしても「断ってしまって相手は嫌な思いしたかな」「断らないで引き受ければよかったかな」等

▼ 他人に負担をかけようとしない ※自分で全て抱え込んでしまう…

他人から頼まれると断らず受けてしまうが、自分から他人に頼むことができない…その結果、負担をすべて自分で抱え込みがちになる。

苦しいときでも周りに助けを求めません。それによって周りが迷惑することに耐えられないのです。「苦しむのは自分一人で充分だ。周りを巻き込んではいけない」いつも苦しみを一人で抱え、頑張って・

しかし、ずうずうしいくらいに他人にモノを頼める人ほど、出世したり、チームのリーダーになっていたりするのです。「いい人」のままでは、ずっと作業者、いつまでも、「リーダー」にはなれません・

▼ 何事においても、深く考えすぎてしまう… ※引きずりがちです・

「考えすぎてしまう」のは、まさに真面目な人の大きな特徴でもあります。ほんの些細なミスであっても、「どうしよう」とか、「どうやって挽回しよう」といったように、深く考えすぎてしまうのです・

真面目な人は、そのような「小さなミス」であっても、ずっと引きずってしまう傾向にあります。一つの「小さなミス」に気を取られてさらに別の仕事でミスを犯すといった「悪循環」にもおちいりやすい

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49



  • 話題の動画をまとめよう