1. まとめトップ
  2. 雑学

せっかくご飯を用意したのに…猫が”エサに砂をかける仕草をする”心理とは

せっかく用意してあげたごはんだというのになぜかエサに砂をかけるような仕草(砂かけ行動)や実際に砂をかけてしまう心理とは?猫がご飯を食べない理由やネコの意外な美食家っぷり等を紹介。また初めてねこを家に迎えた人は6ヶ月までがネコの味覚にとって重要な時期らしい。その理由とは?

更新日: 2014年09月10日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
139 お気に入り 151143 view
お気に入り追加

エサにも砂をかけるんです…一体何故?

猫は、エサの入った皿に、砂をかけるようなしぐさをすることがあります

エサを隠そうとする仕草をするのは本能的に「他の奴らに取られないように隠しておかねば(`・ω・´)」といった感じで、砂を掘って隠そうとする動作

猫をはじめ、動物にはもともと食べきれなかったものを隠しておき、おなかがすいた時のためにためておこうとする本能があります。猫の場合は、食べきれないものには砂をかけて隠しておこうとするようです。

猫は少食?

猫は一度に食べる量が少ない動物です。なので食べ切れなかったエサは、砂や土の中に埋める習性があります。

猫の食事(エサ)を与える時間帯や回数は規則正しい犬に比べるとかなり適当かと思います。
その理由として猫はムラ食いで一日に何度もエサを食べる動物です。食べたいときに食べるのが猫なので、人間のように朝、昼、夜の決まった時間という概念はありません。

猫の摂食行動への研究によると、猫は一定量の炭水化物(1日71kcal)をとると、ご飯を食べるのを抑制する行動がみられたようです

猫にキャットフードを選ばせる状態にしておくと、きちんと1日に必要なカロリー量の52%をタンパク質から、36%を脂質から、12%を炭水化物からとるのだそう

猫は頑固で美食家?

猫は食事のこだわりに関してかなり頑固です。栄養的に完璧なエサでも、口に合わないときは長い間拒絶し、中には、餓死を選ぶものもいるとか

猫は非常に偏食家。自分の好みに合わないものに対してはきっぱりと意志表示することで有名です。食べ物に関しても、砂をかけている場合は「好みに合わない」可能性もある。

猫の好き嫌いを知る方法の一つとして、「しぐさを見る」というものがあります。具体的には、「食事を嗅いだ後、唇をなめて顔をグルーミングする」のは気に入った証拠で、逆に「鼻をなめる」のは気に入らない証拠だと言われます

味、食感、温度、匂いなど、猫にしか分からない微妙な変化が、食欲を大きく左右することもある

エサに飽きちゃった…

たとえ完全栄養食であっても、一種類のフードを長期間与え続けると、他のフードを好む一時的な「浮気心」が出現することがあります。これは子犬、子猫、ペットを含む成猫、成犬の全てにおいて証明されている普遍的な現象です

「砂をかけるしぐさをしたら、おいしいエサが出てきちゃった!」という経験をすると、猫は同じことをすればおいしいものが出てくると思ってしまいます。

食の好みは6ヶ月までの食生活による?

ネオフォビアとは今まで知らなかった新しい状況に対してまた新式のモノに対しての恐怖心を指します。これは食べ物に対しても当てはまります。

6ヶ月齢までに様々な食物を経験しなかった場合、食物に対する好みは極めて限られたものとなり、数種類以外の食事以外は拒否することもあると言われます

でも埋めたエサは忘れっぽいんです・・・

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう