1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

発表間近!相次ぐリーク情報から「iPhone6」はこうなる!?

次期「iPhone」の発表イベントが9月9日に行われます。iPhone6のリーク情報が数多く浮上していますが、昨年同様リーク通りになる可能性が高いようです。

更新日: 2014年09月01日

mochitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
359 お気に入り 776713 view
お気に入り追加

Appleは9月9日にiPhoneイベントを準備しているという情報が流れている。このイベントで次世代のiPhoneがお披露目されるという。

iPhone 6の4.7インチ版をほぼ間違いなく発表され、5.5インチ版は発表が遅れる可能性もあるとのこと。

4.7インチと5.5インチの2種類登場

iPhone 5s/cの画面サイズは4インチ(対角)だが、iPhone6は4.7インチと5.5インチの2種が登場するといわれている。

5.5インチと4.7インチのiPhone 6に、異なるアプリケーションプロセッサやタッチモジュールの部品を使う可能性が高いようです。

4.7インチ版は1334 × 750pixelの解像度を、5.5インチ版は2208 × 1242pixelの解像度を持っているとのこと。

デザインはやや丸みを帯びる

片手で握った感覚は、薄くてしかもエッジが丸いので非常に心地いいです。ケースを付けない僕にとってiPhone5sは手が痛くなって嫌だったのですが、これなら痛くなりません。

これは大型化したiPhone 6の持ちやすさを向上させるための工夫だと考えられています。

従来モデルよりも薄くなる

ホームボタンや液晶パネル、Touch ID(指紋認証機能)センサー取付け用金属製ブラケット用金具の形状変更により、薄型化が実現する

カラーバリエーションは変わらず

iPhone5sと同様にiPhone6も3色のカラーバリエーションとなると考えられます。

4.7インチと5.5インチの両方に3色のカラーバリエーションが採用されるのかは現段階では不明です。

2つのモデルのプロセッサーは違う

次期iPhone6の5.5インチモデルは4.7インチモデルに比べ処理速度が速いプロセッサーを搭載するようだと述べています。

5.5インチモデルのプロセッサーにはグラフィック処理を行うような機能が追加で搭載されている可能性もあります。

クロック数は2.0GHzで動作。64ビットアーキテクチャとなっていてデュアルコアプロセッサーとなっているそうだ。

例えば、「iPhone 5s」や「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のクロック数は1.3GHz。「iPad Air」のクロック数でさえも1.4GHzとなっている。

高画質な画像の撮影が可能になる

従来のiPhoneカメラの画素数は800万画素だったが、1,300万画素になる事で、4K解像度の動画を撮影できるようになる

iPhone 6でついに1300万画素のソニー製1/2.3 Exmor RS CMOSセンサー「Exmor IMX220」が採用される可能性があるとのことです。

このセンサーはXperia Z2に搭載されているものと同じセンサーでiPhone 6にカスタマイズされ搭載されるとのこと。

また絞り値がf/2.2からf/1.8へと向上され、樹脂レンズフィルターが採用される可能性があります。

手ぶれ補正機能については・・・
・5.5インチモデルは光学手ぶれ補正機能
・4.7インチモデルはレンズモジュールが改良された手ぶれ補正機能

1 2 3





mochitaさん



  • 話題の動画をまとめよう