1. まとめトップ
  2. カラダ

ぬくもり足りてる?人肌の癒し効果がすごい!

愛する人と手をつないだり、ハグしたりすると、とても安心したり幸せな気分になりますね。調べてみたところ、人肌のぬくもりは科学的にも心や体の健康にとてもいいことがわかりました。

更新日: 2014年08月24日

338 お気に入り 113654 view
お気に入り追加

ボクがほんとうに欲しいのは、ぬくもりなんだ

Photo by Kevin Peterson / Photodisc

ママの留守中に、大泣きする我が子をあやそうと頑張る新米パパ。アニメを見せたり、ママの映像をスマホで見せたりと、あの手この手でチャレンジするのですが、なかなか涙が止まってくれません。

なかなか泣き止んでくれない赤ちゃんを見て、パパは気づきます。この子が欲しいのはぬくもりなんだ、と。

ついに泣き止んだ赤ちゃん。どんなに通信技術が発達しても、人間の愛情までは伝えられなかったようです。

タイの通信事業会社トータル・アクセス・コミュニケーションが公開した心暖まる広告動画

ぬくもり、足りてる?

一分一秒でも長く 君と一緒に居たいの 一分一秒でも長く 君のぬくもりを感じたいの 一分一秒でも長く 君と触れ合っていたいの pic.twitter.com/MmkDq13COF

どんな女の子だって 優しくされたい ぬくもりを感じたい

誰かが入った後の暖かい布団でいいからその中に入ってぬくもりを感じたい

人がぬくもりに癒されることは、科学的にも証明されてる

「触れる(タッチング)」という行為は言葉とはまた違うコミュニケーションが生まれ、愛情や安心感という心の安らぎへとつながります。

素直な気持ち、冥想状態になって、無心で手のひらを痛いところに当てると、細胞が活性化し本来の正常状態にもどり、痛みは自然に消える。

手のひらは出来れば「異性」のものが良く、愛するひとのものが特上です。

「手当て→タッチング」という言葉がありますが、「やさしくなでる、さする」という行為がひとつのセラピー(療法)として効果を発揮します。

『皮膚は露出した脳』『皮脳同根』という言葉が示しているのですが、「皮膚と脳」はもともと同じ細胞から出来ていることを意味しています。皮膚をなでるのは脳をなでるのと、同じことと言えるのです。

手のひらから、遠赤外線その他の電磁波が放射されていて、痛みの発生している部所の血行がよくなり、痛みが緩和される。

1 2





misselmessaengerさん

主にメンタルヘルス・健康、美容、癒し全般についてまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう