1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アナ雪オラフ役のピエール瀧が実はいろいろすごかった

「アナと雪の女王」ゆるかわキャラのオラフの声はピエール瀧さん。瀧さんは「電気グルーヴ」メンバーであり、俳優としてもドラマ「あまちゃん」「軍師官兵衛」や映画「凶悪」「進撃の巨人」にも出演するなどとても多彩。さらに、他にもいろいろ活動されているようで…とにかくいろいろすごいんです。

更新日: 2015年05月23日

312 お気に入り 1097750 view
お気に入り追加

■アナ雪のオラフがはまり役と大絶賛

神田沙也加の演技力よりも松たか子の歌声よりも、ピエール瀧の声の可愛らしさにびっくりしたよ私は

オラフ役の日本語吹き替え担当のピエール瀧さんがとてもいい☆

は〜〜〜〜〜 今更!!!ほんま今更やけど オラフが癖になる もう歩き方から声から全部ステキ!!! ピエール瀧さん最高

オラフとピエール瀧最高! アナ雪ちとバカにしてた。 みんながいいっていう作品はやっぱりよかったりするものだ。

アナ雪の字幕版を見る。全体的にオリジナルの方がよいが、ピエール瀧のオラフだけオリジナルを超えているようなw

だれやオラフにピエール瀧を指名したのは。天才か!

あとピエール瀧のオラフの声優しくてめちゃ癒される️

■オラフの声優・ピエール瀧さんって何やってるひと?

出生1967年4月8日(47歳)

静岡県出身

テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型はAB型。愛称は「瀧」・「顔」

「顔」w

90年代中ごろから、俳優としても活動

■テクノバンド「電気グルーヴ」って??

結成25周年!おめでとうございます。

1989年、石野卓球と“電気グルーヴ”を結成。

1991年、アルバム『FLASHPAPA』でメジャーデビュー。

テクノ、エレクトロを独特の感性で構成したトラックと、破天荒なパフォーマンスで話題になる

1990年代の音楽リスナーに本格的なテクノを啓蒙

お笑い的な要素はピエール瀧が受け持ち、石野卓球はストイックに音楽性を追求

「楽器の弾けないミュージシャン」を公言

ステージでは殿様やドラえもんの衣装で登場したり、着ぐるみを着て踊っているだけだったり

ライヴの最中に綿菓子を作ったり、手作りピザを回したり、ろくろを回して陶芸作品を作ったり、生きた鶏を会場に放す(そして捕まえる)

ドイツでのライブで、ケンタウロスの着ぐるみw

「電気グルーヴのなかで瀧さんは何の担当なんですか?」と聞かれ、「瀧です。」と答えたことから瀧の担当パートは「瀧」とクレジットされている

2013年2月に通算13枚目のオリジナルアルバム「人間と動物」を発表した

去年は5年ぶりに全国ツアーをするなど、今も精力的に活動している

■俳優業でも存在感のある演技

たくさんの映画やドラマに出演しているうちの一部を紹介。

1 2 3 4





tickle-tickleさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう