1. まとめトップ
  2. 雑学

子供が覚えている生まれる前の記憶「胎内記憶」

子供たちが母親の胎内での記憶を語る『胎内記憶』が最近話題となっている。胎内記憶の体験談、エピソード、聞き方、いつまで覚えているのか?科学的根拠はあるのか?などまとめてみました。

更新日: 2015年07月24日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1207 お気に入り 734413 view
お気に入り追加

胎内記憶

「胎内記憶」ってご存じですか?妊娠中のママのお腹の中にいる赤ちゃんは、どうやら様々なことを覚えているようですよ。妊娠数ヶ月でお腹の中にいる赤ちゃんの脳に何かを記憶した痕跡が残っていた事実もあります。

胎内記憶とは、「母親のお腹の中にいたときの記憶」のことを言います。

細かくは、陣痛から誕生までの「誕生記憶」、お腹に来る以前の「中間生記憶」などにも分けられますが、一般的には「産まれる前の記憶」を総括して「胎内記憶」と呼んでいるようです。

この「胎内記憶」は実は100年以上も前から世界中で報告されています。1960年代に入って医療技術が発達し、お腹の中の状態が明らかにされてからは赤ちゃんの研究も進み、私たちが思っている以上に赤ちゃんには高い能力が備わっていることがわかってきました。

赤ちゃんの感覚

赤ちゃんの聴覚は妊娠18週ごろから聞こえ、妊娠28週ごろには音楽を聞き分けられるほど発達していることがわかっています。最近では視覚が妊娠7〜10週ごろから発達し始めることもわかってきました。

耳が聞こえなくても皮膚で音を感じていて、妊娠10週から音を聞いているらしい。心臓の音も聞いてるし、外の音も聞いてる。

実際に胎内記憶がある子供が3割もいる事がわかっている

産婦人科医であり、胎内記憶の研究の第一人者である池川明先生の行った調査によると、3人に1人の割合で、胎内記憶を持っているということが分かりました。

「約3割もの子供に、胎内記憶があることがわかりました。それも、言葉が話せるようになって間もない2~4才の子に圧倒的に多い。

2002年から翌年にかけて、長野県諏訪市と塩尻市で千人規模の調査による

具体的にどんな事を覚えているのか?

子供たちが語る記憶は“暗くてあたたかかった”“水の中に浮かんでいた”など、ほとんどがシンプルな内容でしたが、中には、かなり詳細な記憶を持つケースもありました

おなかの中の記憶として一番多かったのが、色や明るさ、温感に関すること。次に多かったのが、「踊っていた」「蹴っていた」などの胎動の記憶です。

聴覚は比較的早く発達する器官のため、外の声が聞こえたというケースも多く見られます。

特に多いのは、「ママの声が聞こえた」「ママとパパが笑っていた」「うるさかった」など、音についての記憶です。聴覚は妊娠中期ごろにはかなり発達していますし、水の中は音が通りやすいからでしょう。

おなかの中の様子では、「あったかかった」とか「暗かった」「赤い」「水があった」などが多いですね。赤ちゃん自身は「泳いでいた」「浮かんでいた」「踊っていた」「おもちゃで遊んでいた」ということをよく言うようです。「気持ちよかった」「少し苦しかった」など気持ちを表すこともあり、なかには「急に針が入ってきてこわかった」と、ママが受けた羊水検査のことと思われる記憶を怒って話した子もいます。

誕生時の記憶では、安産より難産だった子どものほうが記憶を話すことが多いようですね。最も多かったのが「痛かった」「苦しかった」など、産道を通る記憶。

子供に胎内記憶を聞くタイミングと聞き方

タイミングは大体,3歳のお誕生日頃が良いと言われています。なぜかと言うとふたつ理由があって,おしゃべりが上手になって,自分の伝えたいことをしっかり言語化できるようになる。大きくなると成長とともに外部からの情報が入ってきて,経験した記憶があいまいになるから。

聞く年齢の目安としては、3歳までが良いと言われているようです。また、何度も聞くと面白がっちゃう、という意見もありました。一回が勝負ということですね。

親子ともにリラックスできる環境(時間や場所)で聞いてみよう
無理に聞いたり、ママの都合で話を修正せず、ありのままを受け入れる

リラックスした環境で聞いてみる

子供との会話してる最中にさりげなく聞くのがよいと思います。大人でもいきなり畏まった雰囲気で話をされると、緊張をしてしまうので、子供だとなおさらだと思います。

何度も聞くのは子供のストレスにもなります。

お風呂に入っている時や、夜、眠る前にお布団に入っている時などが良いようです。お腹の中にいた時に近い状況なのかもしれません。

記憶はいつまで覚えているのか?

この胎内記憶は通常、三~四歳で消えてしまいます。ですからそれ以上大きくなると思い出そうとしても、思い出すことができません。

通常胎内記憶は小学校高学年くらいには失われることが多いようです。逆に言うなら、それまでは覚えている子が少なくないわけです。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう