1. まとめトップ
  2. ガールズ

秋メイクは、ふんわりカラー眉で決まる!

大事だとわかっていても、ついついいつもと同じにしちゃいがちな眉メイク。この秋は色味も試してみては?

更新日: 2014年08月31日

simasima-uさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
365 お気に入り 259691 view
お気に入り追加

顔の印象を決定する「眉」

眉一つで大きく印象が違ってくる

眉は顔の印象を左右する重要な部分。ほんの少し眉山が低いだけで寸詰まりに、高過ぎると面長に見えてしまう

2年前くらいから、しっかりとメイクしない、"うぶ眉"系統の太くてふんわりする、自然に作り上げる眉毛がトレンド

ふんわり系の中でも特に眉山を高くせず眉尻を下げることで、顔の長さを短く錯覚させて幼く見せるタイプが「困り眉」

同じくふんわり系の一派で、やわらかくて女性らしい印象になると、眉山を作らず全体を太めに書く「韓式粗眉」が日本にも上陸した

形ももちろん、見過ごせないのが「カラー」の方

金髪で真っ黒な眉毛に赤いリップに~といったようにファッションとして成り立つ場合もありますが、やはり眉だけ黒いと違和感があるかもしれません

眉毛が太いのはダサいと思っている人もいるかもしれないですが、今なぜ流行っているかというと脱色をしている太眉だから。明るい感じにすると印象がよくなる

アップにすると、太眉は地色ではなくカラーを載せているのがよくわかる

眉のカラーの基本は脱色?

トレンドの太眉メイクは、眉毛を脱色するとバッチリ決まりやすくなる

肌が丈夫な人には足のムダ毛を脱色するクリームでもできるみたいです。ドラッグストアなどで見かける気軽に手に入る脱色クリームですが、肌が弱い人にはあまり向いていないようです

目の周りは皮膚のなかでもデリケートな部分なので危険です。刺激が強いため皮膚が荒れたり、まぶたが腫れる、結膜の充血、ひどい場合は失明にいたることも考えられます

よほど顔の皮膚が頑丈でない限り、美容院に行くのが良さそう

脱色無しでも眉をカラーリングする方法

地色を落とさずにパウダーだけで仕上げると、どうしても地毛の黒さが目立つ

脱色をせずに手軽にまゆ毛の色を変えたいときには、「眉用マスカラ」が便利!最近は種類もたくさんでているので、自分に合った色やタイプを見つけやすい

マスカラとはちょっと雰囲気違う眉用マスカラ

ひと塗りでここまで印象が違う!
自眉がしっかり残って無いなら、ペンシル→パウダー→眉マスカラの順番

色使いももちろんだけど、ブラシの使い方がよく分かる動画

カラーでなりたい雰囲気に♪

ヘアカラーを肌色と相性のいい色にすると、肌色もキレイに見えてきます。そしてヘアカラーが決まったら、眉色もコーディネートすると、より印象深く、抜けるような透明感のある美しさに

1 2





simasima-uさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう