1. まとめトップ
  2. カラダ

知られざる健康と美容効果!夏は、日本酒を楽しもう!

日本酒って色々種類があって難しいし、太りそう・・・と言うイメージがありませんか?でも、日本酒は焼酎よりカロリーが低く、ワインのカロリーとほぼ変わりません。健康にも美容にも良い日本酒。夏のおいしい飲み方をまとめてみました^^

更新日: 2014年08月28日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
174 お気に入り 38347 view
お気に入り追加

日本酒が飲みたい♪

▼やはり、おさえておきたい「日本酒」

夏の乾杯の定番といえばビールですが、しっとりと日本酒をたしなむのもステキですよね。

▼最近は「夏に日本酒」と言うスタイルが広がっている。

日本酒って色々種類があって難しいし、太りそう・・・と言うイメージがありませんか?
でも、日本酒は焼酎よりカロリーが低く、ワインのカロリーとほぼ変わりません。

▼日本酒は、美容効果が高い!

・細胞の老化を防ぐ
・保湿作用
・育毛効果
・活性化作用
・美肌効果 など、女性には嬉しいお酒です。

日本酒に含まれる、コウジ酸には肌のシミの原因となるメラニンを抑える効果があります。更に細胞を活性化させるため、肌のシワやハリを取り戻す若返り効果も期待されます。

細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。
肌にいいだけでなく、育毛にも有効

日本酒は、飲んだ後の体温の上昇が他のアルコール飲料より2度ほど高いのが特徴、女性に多い肩こり・偏頭痛の解消や冷え性の予防にも効果的

昔は化粧水代わりに使っていたほど、日本酒は驚きの美肌効果があります。
残った日本酒は、スキンケアやお風呂に活用しましょう。

▼飲み過ぎなければ、身体にも良い!

・血圧低下
・糖尿病予防
・肥満防止
・成人病予防 などが様々な健康効果があります。

日本酒には、原料や発酵で生じる栄養成分が、そのまま含まれています。

日本酒に含まれる酒粕には、血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果があります。血糖値の低下によって、動脈硬化症、肥満など成人病に対する予防や治療効果

血管を詰まりにくくし、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを予防、アミノ酸が胃を丈夫にし、食欲を増進させる効果もあります。

夏にオススメの日本酒の飲み方とは?

①ワイングラスに入れて楽しむ。

ワイングラスは高さがあるので、香りがグラス内にこもるため、すぐに揮発してしまうお猪口より、長く香りを楽しめます。

ワイングラスで飲むと日本酒独特のフルーティーな香りと日本酒本来の色を楽しみながらオシャレに飲むことができます。

ワイングラスはグラス上部がすぼまった形であるため香りを逃がさず、味わいや香りをより一層愉しめます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう